富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

10

2010


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
  PHOTO
NHKアナウンサーによる実務指導の授業を行いました

NHKアナウンサーによる実務指導の授業を行いました

ボランティア日記〜富山湾海岸清掃in浜黒崎〜

ボランティア日記〜富山湾海岸清掃in浜黒崎〜

食物栄養学科1年生の日帰り研修を実施しました

食物栄養学科1年生の日帰り研修を実施しました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

10/10/20 (水)

求められる栄養士像をテーマに、特別講演会を開催しました [専攻科食物栄養専攻]

 2010(平成22)年10月15日(金)、専攻科食物栄養専攻の平成22年度第2回特別講演会を開催しました。
 和洋女子大学学長 坂本元子先生に「社会から求められている栄養士像−低栄養・過剰栄養の疾病予防を通して−」のテーマで講演いただき、専攻科食物栄養専攻と食物栄養学科の全学生と一般の方など200人余りが参加しました。

 坂本先生は、栄養士の役割や、キャリア教育・開発、栄養士活動での留意事項を系統的に説明されました。特に、若いうちに栄養士関係の業務で、将来どの分野で活躍したいかという意思を明確にすることが大切で、そのための準備に励むことを勧められました。

 先生は、英語が好きで熱心に学び、その英語力が先生の人生を切り開いたそうです。先生は、渡航費以外無料の留学生募集を見つけて応募し、米国の大学院で学ぶ機会を得ました。そこで開発途上国の低栄養の乳幼児は免疫力が弱く、感染症死亡率がとても高いことを知り、高い評価を受ける栄養と免疫に関する研究業績や、グアテマラでの低栄養児研究に結びついたそうです。

 和洋女子大学は、26年に渡り千葉県匝瑳市(そうさし:旧八日市場市)の幼児から中学生に対する栄養指導を実施しています。先生はこれについて、脂質異常症等の過剰栄養が低年齢層にもみられ、効果的な栄養指導が不可欠なことや、長年に渡る栄養指導の成果などの話をされました。最後に質疑応答があり特別講演会を終えました。

画像(180x135)

坂本元子先生

画像(180x135)

会場風景(1)


画像(320x165)・拡大画像(380x197)

会場風景(2)

ページのトップへ ページのトップへ