富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

10

2010


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
  PHOTO
街なかサロン「樹の子」キッズコーナーで、ボランティアが始まりました

街なかサロン「樹の子」キッズコーナーで、ボランティアが始まりました

スポーツ栄養の公開特別講演会を開催しました

スポーツ栄養の公開特別講演会を開催しました

委託給食会社の合同就職説明会を開催しました

委託給食会社の合同就職説明会を開催しました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

10/10/22 (金)

1年生の研修旅行を実施しました [食物栄養学科]

 2010(平成22)年9月14日(火)から16日(木)まで、食物栄養学科の1年全員が名古屋方面へ2泊3日の研修旅行に行ってきました。この研修は、食の知識や理解を深めるため毎年9月に実施しているものです。

 1日目は、バスで本学から名古屋に向かい、徳川美術館と徳川園で名古屋開府400年記念展等を見学しました。昼食は宝善亭で日本料理をいただきました。その後、二日間宿泊する「ヒルトン名古屋」に到着し、ホテルの厨房を見学してから、料理長によるテーブルマナー研修と料理説明を受けたあと、洋食フルコースをいただきました。

画像(180x135)

ヒルトン名古屋 厨房見学

画像(180x135)

ヒルトン名古屋 料理長


画像(320x145)

ヒルトン名古屋 フルコース・ディナー

 2日目は、愛知県半田市の「(株)ミツカン」敷地内にある日本で唯一の酢の博物館「酢の里」で、江戸時代の酢づくりを見学しました。「大正庵釜春本店」で昼食に味噌煮込みうどんをいただいてから、午後は愛知県岡崎市の岡崎城の西8丁(約870m)の八帖町にある「八丁味噌の郷」で味噌蔵と史料館を見学した後、名古屋市内を散策しました。
 最終日は、「ノリタケの森・クラフトセンター」で数々の美しい陶磁器や製作過程を見学した後、日本料理店「かな和」で名古屋コーチンのすき焼き膳を昼食にいただいて、富山に戻り、研修旅行を終えました。

画像(320x240)・拡大画像(380x285)

八丁味噌の郷にて

 【学生の感想】

  • ホテルの厨房には、多くの設備や機材があり、様々な予定表が貼られるなど、現場の雰囲気を知るまたとない機会でした。シェフだけで95人というスタッフの多さも驚きでした。食中毒、時間配分、食物アレルギーなど様々なことに気を遣うそうです。ホテル厨房の、高い技術や高度な設備に触れることができて、感動しました。
  • 酢が5世紀頃中国から伝わったことや、脂肪減少や血圧低下などの効果があるなど、何気なく使っている酢に関して多くのことを知りました。改めて酢の良さを知り、料理に上手く取り入れたいと思いました。
  • 「ノリタケ」というブランドを知らなかったのですが、美しいデザインの器や箸などを見ていて、ついつい使うのがもったいないような綺麗な湯のみをお土産に買いました。帰ってからも美しい器をみるとノリタケ製ではないかと、食器の裏をみて確認するほどです。陶磁器等の展示の他、製造の様子を見学でき、とてもよかったです。

ページのトップへ ページのトップへ