富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

5

2011


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
  PHOTO
編入学対策講座を実施しています

編入学対策講座を実施しています

小林さんが食肉惣菜創作県大会で最優秀賞に

小林さんが食肉惣菜創作県大会で最優秀賞に

平成20年度リーダー研修会を開催しました

平成20年度リーダー研修会を開催しました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

11/05/31 (火)

キャリア・デザイン講座で職業研究と業界動向について学びました [経営情報学科]

 2011(平成23)年5月24日(火)のキャリア・デザイン講座では、就職活動に向けて「職業」を知ることの重要性を理解しました。職業を理解することで将来の視野が広がり、より具体的に就職先を思い描くことができます。

 今回の講座では、まず自分の将来に理想的な就職が達成されている状態を想定し、起床時間やその日の服装、生活スタイル、自分自身の立場に関して、どのようなイメージを抱いているかを考えました。
 そして、それを達成するために、まずは半年後「どのような目標設定をして取り組むか」について考えることで、より理想に近い将来像を描きました。

 では、理想通りの就職を達成するためには、どのような取り組みが必要でしょうか。

 実際に就職活動をする際は、業界(何を扱っているのか。IT業界や金融業界など)や、業種(事業や営業の種類、保険業や飲食業など)だけではなく、職種(人事や広報、販売、営業など)まで視野に入れて考えなければなりません。
 このように職業を知ることの重要性は「消費者目線」ではなく、仕事の内容まで理解した上で、自分自身に向き・不向きを考えることが、より充実した社会人生活に繋がるそうです。つまり、職業選択をする際は「従業員目線」が必要となります。

 学生たちは、これから約1ヶ月の間に、仕事について調べることを課題として与えられ、13歳のハローワークをヒントに将来のビジョンを構想することになりました。 

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

ページのトップへ ページのトップへ