富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

6

2011


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
  PHOTO
「学長・副学長と語る会」を開催しました !

「学長・副学長と語る会」を開催しました !

大学祭における幼児教育学科企画の報告

大学祭における幼児教育学科企画の報告

高校生等と保護者の福祉体験ツアーを開催します

高校生等と保護者の福祉体験ツアーを開催します

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

11/06/07 (火)

キャリア・デザイン講座でモチベーションの要因について考えました [経営情報学科]

 2011(平成23)年5月31日(火)のキャリア・デザイン講座では、これまで自分自身が歩んできた人生について振り返る人生グラフの作成と、そこから見えるモチベーションのあり方を探索しました。
 これまでの人生はその過程で、モチベーションが高いときや低いときが存在しました。それらを可視化する人生グラフを作成する目的は、「興味・能力・価値観」が偏ることによってモチベーションの高低が決まることを見出すためにあります。
 過去を概観してモチベーションが上がったときには、何が要因になったのかを分析することが大切であり、その要因こそが、今後の就職活動や職業選択を行う際に大きなヒントになります。

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

人生グラフについて

 ここでの「興味」とは、関心のある物事であり、誰かに強制されなくても主体的に行動できることを意味します。
 また、「能力」はスキルや得意なこと、「価値観」は大切にしたいことに該当します。
 これらの説明を受けた後、過去の自分自身の生き方がこれからの人生のヒントになることを念頭に置いて、過去を振り返って自分史を作成しました。自分史の作成は目標ですが、最終的な目的は上記の興味・能力・価値観を見出すことです。
これを踏まえて内発的動機を見出し、職業選択に役立てることを目指していきたいと思います。

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

「興味・能力・価値観」

ページのトップへ ページのトップへ