富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

8

2011


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
  PHOTO
「介護福祉士養成科 職業訓練受講生」の追加募集について

「介護福祉士養成科 職業訓練受講生」の追加募集について

「解剖生理学実験」授業の一環で献血をしました

「解剖生理学実験」授業の一環で献血をしました

富山短期大学 2018 福祉・介護フォーラムのご案内

富山短期大学 2018 福祉・介護フォーラムのご案内

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

11/08/05 (金)

卒業生を講師に「福祉セミナー」を開催しました [福祉学科]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 2011(平成23)年7月16日(土)、オープンキャンパス パートUの開催に先駆けて午前11時30分から12時30分まで、「高校生のための楽しい福祉セミナー」を開催し、高校生36名が参加しました。
 講師の本学福祉学科卒業生2人(福祉学科13期生、介護福祉士2年目)と補助スタッフの1年生3人が、シミュレーション形式で模擬授業を行うという初めての試みでしたが、参加者にはとても好評でした。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 今回のテーマは「聴き手はキャッチャー!あなたのリードで決まるコミュニケーション技術」というものです。「聴く側の技術がいかに大切か」を実感してもらえるように、実際の介護現場を演じながら、そこで求められる適切な応答を高校生に選択肢から選んでもらいました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 1年生の補助スタッフが演じた答えに、卒業生の2人が自分たちの経験を交えて解説したことで、なぜその応答が望ましいのかがとてもわかりやすかったようです。
 コミュニケーションはすべての対人援助サービスの基本となるものです。福祉学科では、1年生の前期に演習と講義の両方から授業展開を行っています。

【参加者の感想】
・「高校で福祉の勉強をしていますが、『なるほど!』と思えることが多くて、ためになりました」(2年女子)
・「実演しながらの講義だったので、わかりやすかった」(1年女子)
・「あらためて福祉にもっともっと興味を持ちました」(3年女子)
・「実際に介護現場で働いている方の話だったので、さらに理解することができました」(3年女子)
・「私が歳を取ったら、こんな先輩たちに介護してもらいたいと思いました。私もこんなふうになりたいです」(3年女子)

ページのトップへ ページのトップへ