富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

12

2011


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
  PHOTO
年始のご挨拶

年始のご挨拶

就職合同企業説明会が実施されました

就職合同企業説明会が実施されました

第46回全国私立短期大学体育大会に出場しました

第46回全国私立短期大学体育大会に出場しました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

11/12/19 (月)

キャリア支援講座でグループディスカッション対策について学びました [経営情報学科]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

グループディスカッション中の学生たち

 2011(平成23)年12月13日(火)の講座では、企業が採用活動で採り入れているグループディスカッションについて学びました。

 グループディスカッションは就職試験の1つとして、与えられたテーマについてグループ内の受験生と意見を交換し合うもので、コミュニケーション能力や熱意、人柄や人格が表れるため初期の就職試験として用いられる傾向があるようです。

画像(180x101)・拡大画像(640x360)

代表者による発表をしてもらいました

 今回は「明日地球が滅亡すると仮定して、収容人数5名の保護カプセルに誰を残すか」をテーマに、30分間のディスカッションを交わして、結論を導き出してもらいました。

 対象となる乗客は次のの8名です。

@妊婦、A医者、B生物学者、C20歳の女優、D38歳の看護師、E野球選手、F警察官、G弁護士

 みなさんは、どのような選択をしましたか?
 各グループとも、性別や年齢の状況設定をして、独自の価値観を持ち発表に挑みました。他のグループは自身のグループとは異なる価値観の発表に耳を傾け、改めて価値観の相違と妥協点を見出すための手段を考えました。

 前回のグループワークは10月に行いました。今回のグループワークは前回よりも客観的な判断と、グループ内の協調性の点で成長がみられました。当講座では、グループワークを定期的に実施しており、学生は着実に力をつけてきています。

ページのトップへ ページのトップへ