富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

2

2012


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
  PHOTO
効率とデザインを兼ね備えた教室に更新しました

効率とデザインを兼ね備えた教室に更新しました

大学祭における幼児教育学科企画の報告

大学祭における幼児教育学科企画の報告

オープンキャンパスパートTを開催しました!

オープンキャンパスパートTを開催しました!

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

12/02/29 (水)

外部講師による「介護過程各論」特別講義を実施しました [福祉学科]

 2012(平成24)年1月30日(月)13:30〜14:30、D206教室で「介護過程各論」の特別講義を実施しました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

特別講義の様子

  「施設ケアマネジャーの役割と他職種協働」をテーマに、特別養護老人ホーム「こぶし園」(射水市)事務長の鈴木透氏から講義を受けました。

 施設におけるケアマネジャーの役割や業務の実際、居宅におけるケアマネジャーとの業務の違い、具体的な計画の立案から他職種との関わりについてなど、「こぶし園」を例にして、詳しくお話しいただきました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

特別講義の様子.                    .

【学生の声】
・アセスメント(援助活動に先立って行う分析・評価)の難しさを改めて感じました。鋭い観察力に加えて、介護に関する知識はもちろん、疾患や栄養に関する知識、相談援助技術など、多様な知識が必要だとわかりました。実務経験を積み、幅広く勉強をして、将来ケアマネジャーの資格を取りたいと考えています。

・「軽いアセスメントは、軽い介護計画にしかならない」という言葉がとても印象的でした。その人の本当の幸せにつなげていけるようなアセスメントをするための視点の必要性を感じました。

ページのトップへ ページのトップへ