富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

7

2012


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
  PHOTO
実習の事前オリエンテーションを行いました

実習の事前オリエンテーションを行いました

オープンキャンパス パートUを開催しました!

オープンキャンパス パートUを開催しました!

第48回北陸三県私立短期大学体育大会が開催されました!

第48回北陸三県私立短期大学体育大会が開催されました!

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

12/07/12 (木)

連載#03 リアルタイム×経営情報学科 [経営情報学科]

コンピュータは利口さま!

 第3回目は、コンピュータの仕組みを学ぶ「プログラミング演習T(担当:小西孝史准教授)」の講義をレポートをします。パソコンやケータイは、私たちの暮らしに欠かせません。それらコンピュータは、一体どのように動くのでしょうか?
 今回は、来たるオープンキャンパス パートUの模擬授業の情報と併せてお伝えします。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

小西孝史准教授

 プログラミングとは、簡単に言うとソフトウエアを作ることです。コンピュータに「あぁしろ、こうしろ」と命令することで、コンピュータは命令をひとつの間違いもなく完璧にこなしてくれます。
 どうですか、コンピュータってスゴくお利口さまじゃないですか?

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

実際に操作をしながら丁寧に講義をします

 しかし、コンピュータに命令するためには、コンピュータと「おしゃべり」できなくてはなりません。
 例えば、アメリカ人に日本語で話しても向こうは何も理解してくれませんが、間に英語も日本語もできるヒトが入ればコミュニケーションを取ることができますね。
 では、どうやってコンピュータとおしゃべりをしましょうか?

 コンピュータの話す言語は「機械語」と呼ばれ、これはヒトには難しすぎて理解できません。そこで、人に近い言葉=プログラミング言語に翻訳してコンピュータに命令します。
 今回の模擬授業ではプログラミング言語の1つである、Visual Basicを用いて、マウスで線を描くことのできるペイントソフトを作成します。
 次の動画は、実際にオープンキャンパス パートUで使用する資料です。さて、どのような模擬授業が聞けるのでしょうか?楽しみにしてくださいね。

コンピュータの仕組み

小西孝史准教授から受験生へメッセージ
「現在、社会にはコンピュータが溢れ様々な処理が自動化されています。経営情報学科に入学して、その複雑な処理の基本を体験してみてください。」

<過去のリアルタイム×経営情報学科はこちら>
連載#02 人と人を結ぶ、経営学
連載#01 経済学は身近な学問

ページのトップへ ページのトップへ