富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

9

2012


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
  PHOTO
「学長と語る会」を開催しました

「学長と語る会」を開催しました

公開講座「Wordで作るオリジナルな年賀状」を開催しました

公開講座「Wordで作るオリジナルな年賀状」を開催しました

学生会企画『ハロスマス』を開催しました!

学生会企画『ハロスマス』を開催しました!

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

12/09/20 (木)

2012公開講座 八尾会場を開講しました [地域連携センター]

 2012(平成24)年9月6日(木)、「2012富山短期大学公開講座-八尾会場-」を開講しました。
 八尾会場では、「うるおいのある暮らしを求めて」をテーマとして9月に4回開講します。

 初回である今回は、講座の前に開講式を行いました。
 深井康子生涯学習センター長が開講の挨拶を述べるとともに、来年、本学が創立50周年を迎えることを記念して、校舎の改築が行われている様子を紹介しました。

 続いて福祉学科の石黒康子教授が「時間栄養学-食べる時間で肥満予防・成績アップ-」の演題で講演を行いました。

 【講演要旨】
 食育基本法成立の背景には、現代の食に関する様々な問題があげられます。その中でも不規則、不健康な食生活や肥満、生活習慣病の増加は、超高齢社会を担っていく若者世代には重要な課題です。

 肥満や生活習慣病の原因には、飽食だけでなく運動不足や朝食欠食などの生活の乱れが大きく影響しています。
 私たちの身体には、体内時計が備わっており、細胞の多くの活動を変動させ、生体リズムとして健康維持に努めていますが、栄養との関係を探るのが「時間栄養学」です。同じ内容の食事でも、朝と夜とでは栄養素の利用のされ方が違います。朝食を抜くと1日の摂取エネルギーが少なくなるばかりか、脂肪の合成を促進して肥満しやすく、心身の活力が低下するため学業成績に影響を及ぼします。
 「時間栄養学」は健康に生きていくための栄養学です。好きなものを、好きなだけ、好きな時に食べるのではなく、「何を」 「どれだけ」 「いつ」食べるとよいのか、超高齢社会を健やかに老いるためにも「時間栄養学」を活用していきたいものです。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ページのトップへ ページのトップへ