富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

10

2012


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
  PHOTO
2014トミタン ボランティア日記(11/23)

2014トミタン ボランティア日記(11/23)

2008トミタン ボランティア日記 (7/9)

2008トミタン ボランティア日記 (7/9)

幼児教育学科の就職内定率が100% に達しました

幼児教育学科の就職内定率が100% に達しました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

12/10/11 (木)

キャリア支援〜“己”を知ること [経営情報学科]

画像(180x135)

自分の特性を他者に説明しています

 2012(平成24)年10月9日(火)、第2回目のキャリア支援講座を実施しました。2013年度の求人倍率は回復傾向にありますが、複数の企業から内定を得る学生と、そうではない学生の二極化が進んでいます。
 二つのタイプの学生の違いは、どこにあるのでしょうか。それは、就職活動の日程を事前に調査し、入念に準備を行うこと以外ありません。

画像(180x135)

自分の歴史を振り返ってみましょう

 就職活動において不可欠な準備とは、@どのような自分になりたいか、Aどのような人生を送りたいか、B自分の興味・能力・価値観は何か、などを真剣に考えること(=自己分析)です。
 以上を整理することで、職種や業種を明確にイメージすることができます。さらに、このイメージを膨らませ、自身と企業との間に生じやすいミスマッチを解消することで、短期間で離職してしまうリスクを軽減して、長期勤続によるキャリア形成を期待することができます。

 そこで今回は、「自己分析講座〜基礎編」と題して自分の興味、能力、仕事とライフスタイルの価値観について考えました。ポイントは、ひとつの特性を強調せず、自分の内にある様々な特性を理解して整理することです。
 これまでどのような価値観を抱いて育ってきたかを振り返るために、自分自身の小学校、中学校、高等学校時代の価値観の整理を行いました。学生たちは年齢を追うごとに、価値観が変化していることに気付いたようです。

 次回は今日の学習内容を踏まえて、さらに深く自分を知るための講座を予定しています。明確な目的意識を抱き、充実した就職活動に臨めるように頑張っていきましょう。

<関連記事>
第01回 キャリア支援〜スタートアップ講座開講

ページのトップへ ページのトップへ