富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

10

2012


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
  PHOTO
「介護福祉士を目指す皆さんへ」特別講義開催

「介護福祉士を目指す皆さんへ」特別講義開催

Tomitan幼教で学び、夢を叶えた先輩方を紹介します

Tomitan幼教で学び、夢を叶えた先輩方を紹介します

特別講演会を開催しました

特別講演会を開催しました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

12/10/31 (水)

2年生が「総合実習」に向けて特別講義を受講しました [福祉学科]

 2012(平成24)年10月11日(木)特別講義を実施しました。
 11月5日(月)から11月16日(金)までの2週にわたり、2年生にとって最後の実習となる「総合実習」を行うことから、実習に先がけて特別講義を企画しました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

西村先生の講義の様子

 今回は、「富山型デイサービス このゆびとーまれ」副代表 西村和美先生に「介護福祉士に求められていく援助活動の基本とその実際」と題してお話しいただきました。
 学生は、西村先生から、開設の経緯や、日々の生活支援の様子などのスライドを見ながら説明を行っていただきました。

 西村先生の温かさがこもったお話しに、クラス全体が引き込まれました。

【学生の感想】

  • 今日の講義を聞いて「このゆびとーまれ」は、珍しい取り組みをしているのではなく、ごく当たり前の自然なことをしているという感想を持ちました。介護福祉士として普通の日常生活を大切にするためにも、子どもからお年寄りまで様々な立場の人に携わりたいと思いました。


  • 西村先生の話に感動しました。「このゆびとーまれ」の設立時「誰もが、地域でともに暮らす」を理念とし、「このゆびを利用される時は、理由を聞きません。このゆびを必要としているから利用されるのだから」と話され、心に深く残りました。


  • 特別講義を受け、富山型デイサービスについてよく分かりました。「あったか地域の大家族、誰もが地域でともに暮らす」という言葉から「地域」のつながりの大切さを強く感じました。子どもからお年寄りまで様々な年代の人がともに暮らすことで、素適な刺激が混じり合い、素直な笑顔になるんだと分かりました。人は、いつまでも誰かの役に立ちたいと考え、そこに喜び、生きがいを感じるのではないかと思います。

ページのトップへ ページのトップへ