富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

11

2012


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
  PHOTO
授業紹介:「児童文化」−射水市大島絵本館へ出かけました−

授業紹介:「児童文化」−射水市大島絵本館へ出かけました−

愛鳥週間に合わせて野鳥観察を行いました

愛鳥週間に合わせて野鳥観察を行いました

進路ガイダンスTを開催しました

進路ガイダンスTを開催しました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

12/11/06 (火)

キャリア支援〜エントリーシート対策講座 [経営情報学科]

 2012(平成24)年10月30日(火)、第5回目のキャリア支援講座を実施しました。今回は、入社希望の企業に提出する「エントリーシート」作成の対策を実施しました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

エントリーシートを書いてみよう

 2014(平成26)年3月卒業予定者(現在の短大1年生、大学3年生)の就職活動は、2012(平成24)年12月1日から始まります。意中の企業から内定を得るためには、まずエントリー(意思表示)をしてその企業に興味があることを伝えなければなりません。
 就職希望者はエントリーシートを作成して、企業に応募することで、選考過程に入ることができます。

 エントリーシートには@自己PRA志望動機などを記入させる企業が大半のようです。では、具体的に何を書けばいいのでしょうか。具体的に考えてみましょう。

@自己PR
 自己PR欄を読んでいる人事担当者が、どのような人物かをイメージできるように書きます。頑張った経験があれば、入社後も頑張ってくれそうだ、とイメージします。したがって、皆さんが何を頑張ったか、またどのような力を身につけたか、これまでの自己分析を生かして書きます。

A志望動機
 万人受けするような志望動機は、評価されません。意中の企業でなければならない明確な理由を書かなければなりません。したがって、その企業の業務内容、他社との違いなどを調べたうえで、自身との接点を見つけて記すことが大切です。

画像(180x135)

各自、エントリーシート作成に励んでいます

 企業に届く多数のエントリーシートから選ばれるためには、具体的なエピソードをふまえて自分らしさを表現することが大切です。
 前回に引き続き、今後も自己分析(価値観、興味、能力)と仕事研究(業界研究、企業家級、職種研究)をバランスよく行いながら、理想的なエントリーシートを作成しましょう。

<関連記事>
第04回 キャリア支援〜自己分析講座<実践編>
第03回 キャリア支援〜筆記試験対策講座
第02回 キャリア支援〜“己”を知ること
第01回 キャリア支援〜スタートアップ講座開講

ページのトップへ ページのトップへ