富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

6

2013


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
  PHOTO
インターンシップ発表会を開催しました

インターンシップ発表会を開催しました

学科内のFD研修会を実施しました

学科内のFD研修会を実施しました

2014トミタン ボランティア日記(11/8)

2014トミタン ボランティア日記(11/8)

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

13/06/26 (水)

図書館司書課程の授業 「図書館概論」を紹介します [経営情報学科]

画像(123x180)・拡大画像(308x448)

図書館概論担当の大西教授

 大学や高校などの図書館や公立の図書館で必ず1人以上働いている図書館司書の方ですが、図書館司書として働くためには司書という国家資格が必要です。

 経営情報学科は、その図書館司書の資格を取得できる富山県内で唯一の機関です。
 そのため、毎年度20名程の学生が図書館司書の課程を履修し、司書資格の取得をめざして努力をしています。
 経営情報学科を志望される皆さんの中には司書資格を取得したいと考えている方も多いと思いますので、図書館司書課程の授業の一部を紹介します。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

間接サービスとは

 紹介する授業は、図書館司書課程の1年前期に履修する「図書館概論」(担当:大西 紀夫 教授)です。

 最初に学習する科目ですので、司書科目の入り口としての役割を持っており、「図書館の定義」「図書館の歴史」「図書館の社会的役割」「司書の役割」など基礎的な内容を学習します。
 今回の授業内容は、「間接サービス」と呼ばれる司書業務についてです。

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

図書館学課程を履修する学生たち

<間接サービス>
選書 (受け入れる図書の選択)  収書 (図書や資料の収集)
目録作成 (図書の一覧・リストの作成)
排架 (配置基準に応じた本棚等への陳列) など

<直接サービス>
利用者への図書貸出
レファレンスサービス (図書や情報の提供・提示) など

 授業を受けた学生は、次のような感想を述べていました。
  • 司書の業務は、私たちが良く見ているような業務以外にもたくさんのことがあることを知り、図書館でのインターンシップでは、より実践的な内容を学びたいと思いました。そして図書館でのインターンシップが楽しみです。
  • 本を選ぶことも司書の重要な仕事ということで、その図書館のふさわしい本を選ぶために、多くの情報を収集して幅広い知識を身につけていきたいと感じました。

 司書とは、図書館資料の選択、発注及び受け入れから、分類、目録作成、貸出業務、読書案内などを行う専門的職員のことです。
 司書資格を取得するための1つの方法は、大学や短大で司書資格取得に必要な科目の単位を修得した上で、大学や短大を卒業することです。

ページのトップへ ページのトップへ