富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

6

2013


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
  PHOTO
編入学指導「先輩と語る会」を開催!

編入学指導「先輩と語る会」を開催!

めざせ、日商簿記検定合格!特別勉強会を実施しました

めざせ、日商簿記検定合格!特別勉強会を実施しました

子ども育成学部設置計画のお知らせ(第8報)(2009年4月 設置認可申請中)

子ども育成学部設置計画のお知らせ(第8報)(2009年4月 設置認可申請中)

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

13/06/18 (火)

幼児教育学科:面接指導を実施しました [幼児教育学科]

画像(180x135)

何気ないしぐさから自分をアピールしよう!

 2013(平成25)年6月12日(水)、進路指導の一環として、幼児教育学科2年生を対象に「面接指導」を実施しました。

 就職活動で重視される面接試験について、マナー、質疑応答等の理解を深めるため、就職支援センターと幼児教育学科で2年生全員を対象として5人単位の模擬面接を行いました。

 面接官にハローワークの方をお招きして、グループ面接形式で、入退室の練習、質問例に対する応答を行いました。

【面接官からのアドバイス】
・質問に対する応答は、まず結論から言い、そこから理由を伝えることで、話がブレにくくなる。
エピソードは簡潔に話す。
・あせって早口にならないようにする。
・成功体験ばかりではなく、苦労した際にどのようにして乗り越えたのかというエピソードもアピールになる。
・面接官の質問の意図を理解し、的確に答える。
・「たくさんのことを学んだ」という答え方ではなく、相手がイメージしやすいように、具体的なエピソードを盛り込むと、説得力がアップする。
・グループ面接では、自分が話していない時も見られているので、油断したりソワソワしたりせず、他の人の話も聴いておくようにする。
・ドアの開閉や礼をする際は、言葉と動作を別々にわけ、1回に1つの動作を心がける。
・自信がなくなると声が小さくなってしまいがちなので、ハキハキと答えられるようにする。
・1つひとつの答えにもっと自己アピールを入れ、短大生活で学んだことや、趣味・特技などが「保育」という仕事にどう活かしていくことができるのかプラススαのところまで伝えられるようにする。

画像(180x135)

普段から正しい姿勢を意識しよう

 模擬面接の後、学生からは、「おじぎの仕方や椅子の座り方など、その場に応じた所作について知ることができて良かった」、「他の人の返答を意識しすぎてしまった」、「緊張してしまい、普段の自分を出すことができなかった」等の感想がありました。

 面接試験は、自己アピールの絶好の機会であることを知り、自分のことを他人に理解してもらえるよう、もっと自己鍛錬していく必要性を感じた学生たちでした。

ページのトップへ ページのトップへ