富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

8

2013


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
  PHOTO
富山短期大学 2013 福祉・介護フォーラム開催のご案内

富山短期大学 2013 福祉・介護フォーラム開催のご案内

大学祭 とてもにぎわっています!

大学祭 とてもにぎわっています!

【授業紹介】音楽T‐1:ピアノレッスン等がはじまりました

【授業紹介】音楽T‐1:ピアノレッスン等がはじまりました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

13/08/23 (金)

2013トミタン ボランティア日記(6/29、30) [ボランティア活動]

 富山短期大学では、専門の学びを活かせる活動やそれぞれに関心のある活動に対して、学生が積極的にボランティア活動を行っています。
 今回はWebボランティア手帳に活動レポートを残してくれている学生の中から、2つの実践を取り上げて紹介します。

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

■スペシャルオリンピックス日本・富山■

日時: 2013(平成25)年6月29日(土)、30日(日)
場所: 富山県呉羽青少年自然の家
主催: スペシャルオリンピックス日本・富山

※スペシャルオリンピックス日本とは
 スペシャルオリンピックス(SO)は、知的発達障害のある人たちに、さまざまなスポーツトレーニングとその成果の発表の場である競技会を、年間を通じ提供している国際的なスポーツ組織です。SOは、これらのスポーツ活動に参加する知的発達障害のある人たちをアスリートと呼び、多くのボランティアやアスリートのファミリーが一緒になって活動を支えています。(スペシャルオリンピックス日本・富山webサイトより引用)

■活動内容■
 1日目 担当アスリートと対面、夕食、レクリエーション、入浴、就寝
 2日目 掃除、朝食、レクリエーション、バーベキュー

 大会派遣に向けて宿泊や団体行動の経験をアスリートに積んでもらうための合宿&バーベキューです。
 アスリートの方々との会話、レクリエーションへの参加、グループ毎に食事など、常にアスリートの方々と行動し、必要に応じてアスリートの入浴・就寝準備のサポートやトイレの確認を行いました。
 合宿終了後は、アスリートとアスリートの家族、ボランティア、ヘッドコーチの方々を交え、バーベキューをしました。

投稿: 専攻科食物栄養専攻 1年生
■成果(気づきや学び)・感想■
 知的発達障害を持つアスリートたち、支援をするコーチたちとの交友が素晴らしいと思いました。アスリートたちは思っていた以上にしっかりして自立していて、こちらからの声掛けなども多少しましたが、同じ目線で笑って楽しめました。始め不安はありましたが、結局は初めて出会うひとと変わらず、少し行動に気を配るくらいで普通に仲良くなれました。アスリート自身やご両親、コーチや周りの方々の素晴らしさに感嘆する思いです。

■課題や反省点■
 ファミリーからヒアリングシートというものを受け取ったのですが、書き忘れてしまいました。きちんと確認すべきだと思いました。


投稿: 専攻科食物栄養専攻 1年生
■成果(気づきや学び)■
 担当アスリートとの初対面時は、お互いにとても緊張していましたが、私達から積極的に話し掛けることで、アスリートもだんだん話してくれるようになりました。

■課題や反省点■
 私が担当したアスリートは自立度が高く、ほとんどの事は自分でできるアスリートでしたが、時々一人では困難なことや危険なこともあるので、そういった点に気を配りながらアスリートをサポートしていかなければいけないと感じました。
 また、担当のアスリートだけでなく、他のアスリートの方々の様子も気にしながら行動できるようになれば良かったです。

■提案など■
 今後のボランティア参加希望者はスペシャルオリンピックスのWebサイトを参考にしたら良いと思います。

画像(180x119)・拡大画像(640x426)
画像(180x119)・拡大画像(640x426)

          

ページのトップへ ページのトップへ