富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

1

2014


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
  PHOTO
ボランティア活動本番に向けて準備をしています!(partU)

ボランティア活動本番に向けて準備をしています!(partU)

【速報】公務員保育士採用試験に6市で11名合格!(9/10現在)

【速報】公務員保育士採用試験に6市で11名合格!(9/10現在)

富山短期大学 学長の選任について

富山短期大学 学長の選任について

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

14/01/09 (木)

授業紹介:調理学実習V(担当:深井教授) [食物栄養学科]

 食物栄養学科では、1年生前期の調理学実習T・U、後期の調理学実習Vが必修科目になっています。

 調理学の基礎理論を踏まえて、実際の調理実習でその過程を科学的に捉えながら、いかにおいしく作るかを学びます。そして、味つけや盛り付けなどにも心配りをして、日本料理の基礎から応用技術を身につけたうえで、日本の行事食、西洋料理、中国料理の実習を行っています。

 また、外部講師を招いての講習会の開催にも力を入れており、12月には3回の講習会を行いました。

画像(180x135)

海老の背わた取りは大変

 まず、日本料理では富山県調理師会会長の利光登氏を講師にお招きして、”晩秋の一献”をテーマに「鮭腹子飯(イクラご飯)」「薯用かぶら蒸し」、「蓬薐草の玉子焼き」の3品を作りました。

 初めて生筋子を42〜45度位の湯でほぐしてバラバラにする作業を教えていただいたり、かぶらの蒸し物や玉子焼き作りの奥深さを体感することで、改めて料理は基本が大切であることを学びました。

画像(180x135)

でき上がり

 次に、富山県漁業協同組合連合会、富山県鮨商生活衛生同業組合、新湊漁協女性部の15名を講師にお招きして「魚料理講習会〜ふくらぎのおろし方とおつくり〜」を開催しました。

 富山県おさかな普及協議会 技術委員長 菅原 隆氏からふくらぎの3枚おろしの方法やおつくりを丁寧に教えていただきました。講師の皆さんと一緒に食べたアラ汁はとてもおいしかったです。

 講習を受講した1年生たちは、包丁になれない4月と比べて非常に上達してきています。講師の方から包丁の扱いをほめていただいた学生も、自分たちの成長を実感している様子です。

ページのトップへ ページのトップへ