富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

2

2014


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
  PHOTO
日商簿記検定直前勉強会(第4回目)を行いました

日商簿記検定直前勉強会(第4回目)を行いました

保育実習Uに向けて模擬保育を行いました

保育実習Uに向けて模擬保育を行いました

授業で学んだ知識を活用してサイバーボランティアに臨む

授業で学んだ知識を活用してサイバーボランティアに臨む

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

14/02/06 (木)

2013トミタン ボランティア日記(1/19) [ボランティア活動]

■スペシャルオリンピックス日本・富山【ヤングアスリート第2回】■

日時: 2014(平成26)年1月19(日)
場所: 富山市障害者福祉プラザ
主催: スペシャルオリンピックス日本・富山
投稿: 経営情報学科 1年生女子2名、幼児教育学科 1年生女子2名


【活動内容】
2歳〜7歳の未就学の知的障がい児への遊具を使った体操の補助



経営情報学科 1年生女子2名 
※ヤングアスリートボランティア2回目の参加 

画像(180x135)

【成果(気づきや学び)】
・うまくできたことに対して、しっかり褒めてあげることが大切だと学んだ。

・同じプログラムであっても、できる子とできない子がいて、それぞれにあった活動方法やその子に合わせたサポートが必要になることを学ぶことができた。


【課題や反省点】
・担当の子とあまり馴染むことができなかったので、もっと積極的に話しかければよかった。

・担当の子がお母さんとばかりいたがっていたので、遠慮せずにもっと自分から子どもに接していればよかったと思った。

幼児教育学科 1年生女子2名 
※ヤングアスリートボランティア初参加

画像(180x135)

【成果(気づきや学び)】
・一人ひとり個性があり、その子の得意不得意を理解してあげ、受けとめ、援助することが大切だと学んだ。

・子どもができることやできないことを把握して、それぞれに合った活動やサポートが必要だと学んだ。

【課題や反省点】
・一時間という短い間だったので、子どものことを深く知る前に終わってしまい、子どもとの距離をもう少し近づけたら良かったと思った。また、子どもへの声かけや接し方などの大切なポイントをふまえて関わっていきたいと思った。

・もっと自分から積極的に子どもに話しかけるなどして関われればよかった。

ページのトップへ ページのトップへ