富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

2

2014


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
  PHOTO
学生会が『クリスマス企画』を行いました!

学生会が『クリスマス企画』を行いました!

就職試験 教養科目対策講座を実施しました

就職試験 教養科目対策講座を実施しました

射水市太閤山文化祭に参加〜在宅介護班レポートより〜

射水市太閤山文化祭に参加〜在宅介護班レポートより〜

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

14/02/25 (火)

外部講師による「介護過程各論V」特別講義を実施しました [福祉学科]

 2014(平成26)年1月16日(木)11:00〜12:00、本学C301教室で福祉学科2年生を対象に「『介護過程各論V』特別講義」を実施しました。

 「施設におけるケアプランの実際」のテーマで、特別養護老人ホーム「エスポワールこすぎ」施設ケアマネジャーの小野寺正子氏に、施設におけるケアマネジャーの役割や業務の内容、具体的な介護計画の立案から他職種連携や、家族との連携について、事例を基に講義を行っていただきました。

画像(180x135)
画像(180x135)

 
 利用者のアセスメント(援助活動に先立って行う分析・評価)では、マイナス面ばかりをみるのではなく、「良いいところもあるんじゃないの?」「こうすれば○○できる」というICF(国際生活機能分類)の視点を活用する考え方でわかりやすく説明していただきました。
 「ケアプラン作成にはアセスメントが命」であり、何よりも利用者や家族の笑顔を引き出すことができるか、スタッフ自身も満足できるものになっているかが大切であることを学びました。

 受講した学生からは、「情報の中から、個性と可能性を見つけるという言葉が心に残りました。」という感想や、「ターミナル時における利用者の方のケアプランや家族との関わりはどのようなものですか?」と真剣に質問をする様子が見られました。

ページのトップへ ページのトップへ