富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

7

2014


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
  PHOTO
2年生と教員による懇談会を実施ました

2年生と教員による懇談会を実施ました

前年比1.5倍、秘書検定2級に合格しました

前年比1.5倍、秘書検定2級に合格しました

2010年度 経営情報学科 パソコン講座を開催しました

2010年度 経営情報学科 パソコン講座を開催しました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

14/07/10 (木)

「第42回 幼児教育研究会」を開催しました −シンポジウム&講演編− [幼児教育学科]

画像(180x119)

コーディネーター : 小芝 隆 副学長

 2014(平成26)年6月21日(土)、「保育内容を見つめ直す −子育て支援と保育内容−」をテーマに開催した第42回 幼児教育研究会の中から、午前の部:部門別研修B(シンポジウム)と、午後の部:講演の様子を紹介します。

●午前の部、部門別研修A:和太鼓の様子はこちらをご覧ください。


●部門B シンポジウム
「子育て支援と保育内容 −保育所・幼稚園での実践を基に−」

【シンポジスト】
・高野 睦美 氏(黒部市役所こども支援課)
・舟竹 亮 氏(高岡市立川原保育園 保育士)
・青山 仁(富山短期大学付属みどり野幼稚園 園長)
・梅本 恵(富山短期大学幼児教育学科 講師)
【コーディネーター】
・小芝 隆(富山短期大学 副学長、幼児教育学科 教授)




画像(142x180)・拡大画像(506x640)

高野氏による4コマまんが通信

 保育所・幼稚園在園児の保護者が支援対象となる場合、保育を通しての子どもの姿や保育の意図及び内容について、保護者と保育者との共通理解を図ることが重要となります。
 このような保育内容と子育て支援の関係について、4名のシンポジストが、それぞれの立場から保育所・幼稚園における実践紹介を通して、考察を深めていきました。

 高野 睦美 氏からは、保護者向けに、保育所での出来事を4コマまんがにして子どもの姿を伝える支援についての紹介がありました。

 舟竹 亮 氏からは、男性保育士・家庭支援カウンセラー・幼稚園に子どもを預ける保護者という3つの立場(視点)から保護者支援についてのお話がありました。

 青山 仁 園長は、子どもを中心に据えた子育て支援の必要性について述べました。

 梅本 恵 講師は、実際の保育内容を共有する取り組みとして、保護者を巻き込んだ保育内容づくりの事例紹介を行いました。

画像(180x119)

高野 睦美 氏

画像(180x119)

舟竹 亮 氏

画像(180x127)

青山 仁 園長

画像(180x119)

梅本 恵 講師


画像(180x68)

シンポジストの4名

画像(180x119)

熱心に資料を見ながら聴き入る参加者


【参加者の感想】
■保育の現場を知っている方だからこその話を面白く聞くことができ、タメになった。
■保育内容の充実が子育て支援に直結していることが痛切に感じられた。
■各園での保育の進め方や保育者の思いを理解することができて良かった。
■それぞれのシンポジストの方の特徴ある意見を聞き、自分自身の振り返りができた。
■日頃の保育を振り返り、今後、保育士としてのスキルアップの必要性を感じた。


【午後の部】

画像(180x120)

講師:柏女(かしわめ)教授

●講演
「保育者の専門性を生かした保護者支援−保育相談支援」

講師:柏女 霊峰 氏(淑徳大学教授)

 児童家庭福祉学を専門にされている柏女先生をお招きし、保育者の専門性を生かした保護者支援として、保育相談支援と保育や相談援助、カウンセリングなどとの関係について、ご講演いただきました。

 多くの資料を基に、実践的な子育て支援の事例などをまじえてのお話があり、参加者のみなさんは、メモをとりながら熱心に聴き入っていました。

画像(180x120)

講演会場の様子

画像(180x119)

実践的な事例をまじえて


【参加者の感想】
■改めて、保護者の思いに寄り添い、具体的な対応をとっていくことが大切だと感じた。
■普段行っている保育や、保護者とのかかわりを定義づけて教えていただいた。実践と理論の両面を考えて保育をする意欲、動機づけにすることができた。
■専門性を生かした保護者支援を、改めて大切なことであると思った。
■保育相談支援について、具体的にわかりやすく、体系化した形で説明していただき、とても勉強になった。今後、意識して支援していくことができるように思う。


ページのトップへ ページのトップへ