富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

7

2014


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
  PHOTO
「保育実習T‐1」を終えて事後報告会を行いました

「保育実習T‐1」を終えて事後報告会を行いました

卒業生を迎えて、就職懇談会を開催しました

卒業生を迎えて、就職懇談会を開催しました

キャリア・デザイン講座の授業を開始しました

キャリア・デザイン講座の授業を開始しました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

14/07/05 (土)

2014トミタン ボランティア日記(6/22) [ボランティア活動]

画像(180x135)

丁寧に応対します

■マリエ献血ルーム■

日時: 2014(平成26)年6月22日(日)
場所: 富山駅前マリエ6階
主催: 富山県赤十字血液センター
参加: 福祉学科 1年 1名

【活動内容】
・受付のお手伝い
・献血者への景品渡し


【成果(気づきや学び)】
 設備を見ていて、とても驚いたのは献血希望者にストレスなく待機してもらえるような工夫が随所に見受けられたことです。(茶請け、フリードリンク、インターネット、コミックス、雑誌など)

 マリエ献血ルームでは、主に成分献血をお願いしています。200〜400mlあたりの所要時間は、通常の献血では1時間程度に対し、成分献血では2時間以上になります。
 当日は特に忙しい日だったようで、私が帰宅する時点で80名の受付がありました。希望者が多い日は、待ち時間が非常に長くなるため、利用者にかなりのストレスがあるのではないかと思いました。

 しかし、小さなインターネット喫茶のように待合室を用意しており、利用者の方々もとてもゆったりと過ごしている様子でした。献血をお願いしている立場として、とても気配りが行き届いた対応だと思います。私も利用者の方々に気持ち良く献血していただけるように、丁寧に案内しようと気が引き締まりました。

 また、職員の方々もとても気さくで話しかけやすく、終始気持ちよく作業させていただくことができました。


【課題や反省点】
 ときどき敬語の使い方で口ごもってしまうことがありました。おそらく緊張していたからだと思います。緊張を抑えて平常心で活動するために、このような経験を多く積んでいきたいと思いました。

ページのトップへ ページのトップへ