富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

11

2014


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
  PHOTO
校舎の改築工事の進捗状況について(2/2)

校舎の改築工事の進捗状況について(2/2)

2012年度 経営情報学科 専門演習発表会を開催しました

2012年度 経営情報学科 専門演習発表会を開催しました

あいの風とやま鉄道株式会社の市井正之社長が本学で講義されました!

あいの風とやま鉄道株式会社の市井正之社長が本学で講義されました!

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

14/11/26 (水)

金融の基礎知識を外部講師から学びました [経営情報学科]

画像(180x154)・拡大画像(640x548)

金融と金融商品の基礎について説明される田村課長

 2014(平成26)年11月21日(金)の3時限目に、先週の「富山県内の経済構造」に引き続き、今年度 3回目の 富山短期大学経営情報学科北陸財務局 富山財務事務所との「連携講座」を開催しました。

 今回は「金融の基礎知識」をテーマに、預金から始まり、債権、株式、保険などの様々な金融商品のについて北陸財務局富山財務事務所 田村 文雄 理財課長にご説明いただき、「金融論」を履修している1年生 約100名が聴講しました。

画像(180x127)・拡大画像(640x452)

諸外国と比較し預貯金比率が高い日本の家計の金融資産

 預金については、多くの学生が自分の銀行口座を開設しているため理解しやすい内容でしたが、その他の金融商品である保険については損害保険の1つである自動車保険を、株式・債券についても今年から始まったNISA(小額投資非課税制度)を例に挙げて、わかりやすく説明いただきました。

 学生は、直接金融や間接金融、またファンド(投資信託)など耳慣れない用語を理解することに苦労をしていましたが、社会から求められる人材になるために、これらの知識をしっかりと身につけたいと、意気込みを語っていました。


 経営情報学科では、金融の知識だけでなく、経済・経営、簿記・会計、さらには情報の知識とスキルを身につけ、特定の分野に偏ることなく広範囲にわたる知識が必要な事務職に対応できる能力を育成しています。
 今年度の2年生の就職内定率も順調に上昇し、四年制大学の3年次編入学合格の学生も含め、既に 卒業予定者の約8割が進路先を内定しています。

 また、この金融論の授業と関連している就職先分野である銀行や信用金庫などの金融機関から、10名超の学生が内定を得ており、卒業予定者数の約1割と高い割合となっています。

ページのトップへ ページのトップへ