富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

12

2014


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
  PHOTO
卒後教育リカレントセミナーを開催しました!

卒後教育リカレントセミナーを開催しました!

1年生の日帰り研修を実施しました!

1年生の日帰り研修を実施しました!

ボランティア日記〜絵本の読み聞かせ〜

ボランティア日記〜絵本の読み聞かせ〜

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

14/12/16 (火)

【編入学情報】 富山大学 経済学部の編入学試験に合格! [経営情報学科]

画像(180x140)・拡大画像(640x500)

選択可能な短大卒業時の進路

 経営情報学科の2年生が 富山大学 経済学部 の3年次編入学試験に合格しました。

 今年度は、この他にも 6月に信州大学 経済学部 、7月に群馬大学 社会情報学部、10月に高崎経済大学 地域政策学部の編入学試験に合格しています。

 短期大学の卒業後の進路は、就職以外にも国公立大学をはじめとする四年制大学の3年次編入などの選択肢もあります。
 そのため編入学を希望する学生には、経営学特講、経済学特講、英語リーディング特講など編入学に主眼を置いたカリキュラムも用意しています。

3年次編入学とは
 短期大学や高等専門学校の卒業生などが四年制大学の3年次に進学する制度です。
 編入学試験は、大学ごとに試験日程が異なるため、国立大学を3〜4つ受験することも可能であり、試験科目も専門科目と英語に加えて面接などのように、比較的科目数が少ないことが特徴です。

 また先日、指定校制推薦入試で京都産業大学 経営学部の3年次編入学試験にも別の学生が合格し、5名の学生が来春からそれぞれ新たな大学で学び続けます。

 今回は、富山大学の編入学試験に合格した学生のコメントを紹介します。

Q1|なぜ、編入学をめざすようになったのですか。

 私が編入学試験をめざした理由は、高校時代に受験に失敗したからです。そのため、私は富山短期大学に入った時から四年制大学に再チャレンジしようと編入学を志望していました。

 入学当初は、自分のやりたいことがあいまいでしたが、短大の授業を通して、簿記・会計の科目に興味を持ち、より一層編入学をしようという思いが強く・明確になりました。

Q2|どのような受験問題でしたか。

 英語は、フレックスタイム制についての英文が出ました。設問自体は英文訳、要約といった一般入試の英語と変わらないような設問でした。

 小論文は飲料水にかかるあらゆるコストについての文章が出ました。例年よりも文が短く、今までの過去問よりは少し簡単な印象でした。

Q3|試験勉強に取り組む過程で苦労したことは何ですか。

 試験勉強で一番苦労したことは英語です。その理由は英語の講義があまり多く開講されていなかったからです。
 しかし、先生に英語の補講をしてもらったり、授業のすき間時間に英単語を覚えたり、問題を解くことで英語の力をつけることができました。

 また、他にも小論文や面接も受験科目にあったのですが、それらについては編入学対策の勉強会や面接指導があったので、自信を持って試験に臨むことができました。

Q4|受験を通じて苦労したことを教えてください。

 受験を通じて苦労したことは、モチベーションを保つことです。富山短期大学は、卒業時の進路に就職を選択する人が大多数であり、編入学を志望する学生はごくわずかであるため、受験までのあいだモチベーションを保つことに本当に苦労しました。

 しかし、親切に話を聞いてくださる先生方や他の編入志望の学生のおかげで高いモチベーションで受験に臨むことができました。


 今回の富山大学への編入学以外の編入学情報は次のリンクから閲覧してください。

ページのトップへ ページのトップへ