富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

1

2015


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
  PHOTO
バスツアーの皆さんが本学を訪問されました

バスツアーの皆さんが本学を訪問されました

入試説明会を開催しました

入試説明会を開催しました

2011オープンキャンパスの日程について

2011オープンキャンパスの日程について

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

15/01/07 (水)

プレゼンテーションスタジオを整備しました [一般]

 2014(平成26)年の夏季に、文部科学省が公募した補助金事業である平成26年度「私立大学教育研究活性化設備整備事業」に本学が提案した事業が採択されました。
 同事業への採択は平成24年度、25年度に続き3年連続となります。

 今年度は、本学が提案した「協働・出会い・自立・共生」の促進をテーマに、学生たちの協働学習とその成果の可視化・共有化に焦点をあて、アクティブ・ラーニング環境の整備による学習効果の向上を図ります。具体的には、以下の要件で学内設備の整備を計画しています。

1. プレゼンテーション(表現)スタジオの整備
 200人程度収容可能なホールを、様々なパフォーマンスの発表に利用できるプレゼンテーション専用スタジオとして整備。
 (1)マルチビジョン・システム
   47インチ液晶モニタ12台の大型マルチモニタ、マルチビジョン制御システム
 (2)音響システム、舞台用照明、ビデオカメラ、ポータブル・ステージ等

2. トレーニング(実習)スタジオの整備
 普通教室を、24人程度の学生の実習動作を可視化(投影・録画・再生)できるスタジオとして整備。
 (1)タフパッド
 (2)HDインテグレーテッド・カメラ
 (3)マルチ・タッチスクリーンLEDディスプレイ

3. コラボ(協働)スタジオの整備
 普通教室を、複数の成果を同時発表・比較することができる最大60人規模の協働学習専用スタジオとして整備。
 (1)プロジェクタ、スクリーン
 (2)可動式机・椅子、共同作業用小型ディスプレイ

 
 このうち、2014(平成26)年末に先行して導入したプレゼンテーションスタジオのお披露目を、2015(平成27)年1月5日(月)に開催した学校法人富山国際学園 新年仕事始めの式で行いました。

画像(320x249)・拡大画像(640x499)

画像(180x134)・拡大画像(640x479)

 富山国際学園 理事長 金岡祐一、富山国際大学および富山短期大学 学長 中島恭一、富山国際大学付属高等学校 校長 倉田延邦がそれぞれ年頭の挨拶を行いました。

 続いて、本学教務部長 宮田徹が補助金事業の概要説明とプレゼンテーションスタジオの紹介を行いました。

画像(180x120)・拡大画像(640x427)

 幅4メートル、高さ1.7メートルを超える約170インチの壮大なマルチビジョンに「富山国際学園 50周年の歩み」のスライドショーを映すと、鮮明な映像と音響の迫力に、教職員一同から驚きの声が上がりました。

 今後は、教育・研究の場面を中心に、さまざまな行事にも積極的に活用していく予定です。

 本学は、今後も地域社会に貢献する人材を輩出するため、教育環境の充実を進めていきます。

ページのトップへ ページのトップへ