富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

3

2015


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
  PHOTO
キャリア・デザイン〜コミュニケーション上手は聞き上手

キャリア・デザイン〜コミュニケーション上手は聞き上手

第54回大学祭を開催しました!

第54回大学祭を開催しました!

2009トミタン ボランティア日記 (6/13)

2009トミタン ボランティア日記 (6/13)

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

15/03/09 (月)

新たにレクリエーション・インストラクター25名が誕生します [福祉学科]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

健康体操(ケアビクス)練習風景

 「レクリエーション・インストラクター」は、日本レクリエーション協会が認定する資格です。
 人々の生活を豊かにし、日々の生活の中に生きる楽しみと喜びを見いだしていき、「楽しいことを体験する」お手伝いをする第一線のリーダーです。生活の中のちょっとした場面で「快さ」を感じること、子どもから高齢者の方々まで仲間づくりや、心とからだが健やかになり楽しくなれる遊びの多様な方法を提供する「指導力」を身につけている資格です。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

大学祭“ミニミニデイサービス”でのレクリエーション活動

 このたび、その資格を本学福祉学科2年生25名が申請しました。
 学生たちは、1年生の前期に「レクリエーション概論」、後期に「レクリエーション活動援助法」を学びました。また、学内の勉強だけでなく、「現場研修」として学外での活動にスタッフ等で参加して、レポートを提出し、資格取得をめざしてきました。
 レクリエーションの授業をとおして学んだことを、実習・ボランティア活動・大学祭でのミニミニデイサービス等、様々な場面で活かしています。

学生の言葉
  • レクリエーションの授業を受講する前は知らなかったスポーツやゲーム等、たくさん体験することができました。事業参加では、「車いすの会」の運動会に参加し、カローリングという競技をしたことが印象に残っています。参加者の方がとても明るく積極的で一緒に競技をしていて楽しく、素敵な時間を過ごせました。
  • 「レクリエーション概論」や「レクリエーション活動援助法」の授業そして、「現場研修」で多くのことを学ぶことができました。授業では、歌に合わせて、皆の前で健康体操をし、オリジナルすごろくを作るなど、楽しい時間づくりの工夫の仕方や周りの人を観る大切さを学びました。「現場研修」では、参加された方々と接し、地域のつながりなど間近で体験することができました。
  • 「レクリエーション活動援助法」の授業をとおして、レクリエーションは、高齢・障害の有無に関わらず、楽しみや新しい学びの体験、自己表現の機会を得ることによって生きる意欲を高めるとともに、生きがいの発見に繋がる大切な交流の場だということを学びました。また、授業で習ったケアビクスは、子どもから大人まで安全に体操することができるので、実習やボランティアなどで実施していき、多くの方々に知ってもらいたいと考えています。

ページのトップへ ページのトップへ