富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

4

2015


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
  PHOTO
今月の新着図書だより(2017年8月受入分)

今月の新着図書だより(2017年8月受入分)

第65回 日本栄養改善学会学術総会に参加しました

第65回 日本栄養改善学会学術総会に参加しました

ゲートキーパー養成講座を開催しました!

ゲートキーパー養成講座を開催しました!

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

15/04/24 (金)

生活支援技術V“タブレット端末”で授業 [福祉学科]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

今日の授業の概要説明

 2015(平成27)年4月14日(火)から、本年度の「生活支援技術V」の授業が始まりました。これは、介護に関する基本的な技術を身につけるための授業です。
 従来は教員のデモストレーションを見た後に実技を行っていましたが、今年度は「根拠を自ら考え、拡げ、確かな技術の獲得」をテーマに、授業改善に取り組んでいます。

 第1回目の様子をご紹介します。

 この日の単元は「移動」です。本時のねらいは3つです。
1.寝返り、起き上がり、そして座位までの一連の動作を、根拠を押さえて、安全・安楽に実施することができる。
2.動かした後の気分や姿勢の確認等、利用者の状態観察ができる。
3.実施者の動きを撮影し、客観的に見ることで、動作の確認ができる。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

タブレットを使用して動作を撮影

 私たちは、排泄のためトイレに行ったり、食事をするため食堂や台所へ移動したり、旅行や買い物に移動したりと、日々いろいろな目的のために移動を行っています。「移動」は単にA地点からB地点に位置を移すことではなく、
「何らかの生活行為のため」と「自分らしい生活を継続するため」の二面性を持つ、生活の基本となる行為です。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ポイントをしっかり押さえよう!

 本授業では、まず『寝返り→起き上がり→座る(座位姿勢)』という一連の動作を学生が実施し、その動作を撮影しました。実技の実施後、それぞれの取り組みを大型液晶のタッチパネルに映し出し、各グループで振り返ることで、確実な技術を根拠とともに理解できるようにしました。
 チェック項目は全部で22あり、それぞれ「できたか」「できなかったか」、「適切に行われていたか」「安全・安楽に行われていたか」を意見交換しました。
 グループ評価の後、全体に対して教員がポイントを説明しました。

■授業後の感想
・デジタル機器を使用して授業をするのはとても良いと思いました。授業の効率化が図れるし、実技中の様子を客観的に見ることができました。「ここがうまいね」とみんなで動画を見ながらの意見交換にもつながりました。
・実施の様子を撮影するのは初めてだったけれど、細かいところも見返すことができていいと思いました。映像を見ることで1年次に学習したことを思い出したし、意見交換をとおしてメンバーから貴重な意見をもらうこともできました。
・実施中は、記録者と撮影者だけしか見れない部分も、ビデオに撮ることでみんなが確認でき、自分自身も思っていた以上に反省点を見つけることができました。

ページのトップへ ページのトップへ