富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

6

2015


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
  PHOTO
小矢部園芸高校1年生の皆さんが本学を訪問されました

小矢部園芸高校1年生の皆さんが本学を訪問されました

「悠久の森2013 森にまなぼう」で食事診断を行いました

「悠久の森2013 森にまなぼう」で食事診断を行いました

学外研修に行ってきました

学外研修に行ってきました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

15/06/05 (金)

就職活動のスタートラインに立つ皆さんへ」 学科長講義 [福祉学科]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

働く意義についてお話されました

 
 2015(平成27)年5月28日(木)、福祉学科学科長の関好博教授が、キャリアデザイン演習授業の一環として、2年生を対象に「介護の仕事について」の演題で特別講義を行いました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

介護保険事業所の処遇状況も詳細な説明がありました

 これは、毎年この時期に行っているもので、介護専門職として働く福祉学科の卒業生からアドバイスを受ける「就職指導 先輩と語る会」や、福祉施設の施設長をお招きして就職に向けてのお話を伺う「就職指導講話」と一連の授業として開催しています。
 参加した学生の感想をいくつか紹介します。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

編入学やその後のキャリアアップについても理解を深めることができました

■成果(気づきや学び)■
「社会人の経験がまだない今だからこそ、考えるべきことの多い内容だと感じました。就職先を考えるときに必要な情報も学べました。給与面はもちろんですが、教育研修制度や資格取得の助成をしていることを、大切な条件にしようと思うようになりました。また、介護福祉士として施設で働くことで満たされるものがいくつもあることを知りました。「働く」ことは、誰かが自分のことを必要としてくれることであり、誰かに喜びを与えること。他者と比べて自分の価値を測るのはやめる。心身の健康が第一。など、印象に残った言葉が多くありました。将来に役立つことばかりだったので、時間が早く過ぎたように感じました。大事なことはこんなにもすっと頭に入るのだと思いました。」

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

福祉職場説明会の活用方法も理解できました

「これまで私は、就職についていろいろと悩んでいました。なぜなら、どのように就職先を決めていけば、自分にとってプラスになるのかわからなかったからです。講義を聞いて、「働く」ことに前向きになると、仕事を通じて充実した日々を過ごせることや、「この仕事なら自分は輝ける、安定した家庭を築くことができる」などのポジティブな考えこそ、将来をよりよいものにしていくのだと思いました。また、就職に向けて、候補とする就職先の情報をできるだけ集めておくこと、介護福祉士の資格に向けてより多くの練習問題をこなしておくことを優先させる必要を感じました。就職試験のための面接や小論文の練習も、これから努力していこうと思います。」

ページのトップへ ページのトップへ