富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

11

2015


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
  PHOTO
パネルシアター講習会を実施しました

パネルシアター講習会を実施しました

キャリア支援講座で自己分析講座(基礎編)を実施しました

キャリア支援講座で自己分析講座(基礎編)を実施しました

「第12回楽しい福祉セミナー」参加者募集中!

「第12回楽しい福祉セミナー」参加者募集中!

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

15/11/13 (金)

来春卒業生の進路内定状況について [経営情報学科]

画像(134x180)・拡大画像(352x470)

今春卒業生の採用職種割合

 来春卒業予定の経営情報学科学生の進路内定状況は、採用試験が従来の4月から8月へと大幅に変更される中、昨年度の同時期と比較しても内定率は10ポイント程度上回り順調に推移しています。
 
 内定先は、金融機関や大手製造業をはじめ多岐にわたりますが、その多くが県内企業の事務職中心です。

 また、求人状況についても(1) 景気の回復傾向、(2) 人数の多い団塊の世代が本格的な退職を迎えていること などから非常に順調で、さらに、採用難が出始めたことから、昨年度の求人票よりも初任給を上げてくる企業もありました。

 ※ 一部統計では、給与の上昇が鈍い、賞与がマイナスになったというデータもありますが、これは景気回復に伴うパート労働者の増加、定年退職者の非正規での再雇用など、賃金が比較的低めに抑えられ、賞与が多くない労働者が増加したことが主な原因とされています。

 経営情報学科の卒業生は、有期雇用ではなくすべて正規雇用としての採用です。

 詳しい過去2年間の主な就職先企業等は、経営情報学科の進路情報 をご覧ください。


 また,今年度も昨年度に引き続き信州大学などへの3年次編入学試験に合格している学生もおり、就職に加えて四年制大学への編入学も順調に決定しています。

 編入学情報は次のリンクから閲覧してください。

ページのトップへ ページのトップへ