富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

12

2015


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
  PHOTO
「インスタントラーメンのおいしい食べ方講習会」開催

「インスタントラーメンのおいしい食べ方講習会」開催

オープンキャンパス パートUの催し内容を紹介します!

オープンキャンパス パートUの催し内容を紹介します!

1年生の介護過程Uの授業を紹介します

1年生の介護過程Uの授業を紹介します

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

15/12/02 (水)

美術鑑賞「富山県立近代美術館」に行きました [幼児教育学科]

画像(119x180)・拡大画像(426x640)

近代美術館入口にて

 2015(平成27)年11月19日(木)、幼児教育学科1年「保育内容(造形表現)T」の授業で富山県立美術館に出かけました。会場では「第11回世界ポスタートリエンナーレトヤマ2015」という企画展が開催されていました。
 
 最初に学芸員の方からポスター展の解説や美術鑑賞に関するアドバイス、ひよこツアーや新美術館の紹介をしていただいた後、作品を鑑賞しました。
 
 世界各国から応募されたポスターや常設展示作品の多種多様な表現の世界に触れ、美術鑑賞の素晴らしさや楽しさを味わう貴重な時間となりました。

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

作品に見入っています

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

その場で感じたことをメモしています


画像(180x119)・拡大画像(640x426)

解説を聞きながら鑑賞しています

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

世界各国から応募された数々のポスター


【参加した学生の感想】
■普段の生活の中で見かけても、見た目の奇抜さや鮮やかさくらいしか見ていなかったポスターだが、じっくり見たりタイトルの意味を知ったりすると、作者の想いが強く込められているのだと今回の美術鑑賞で改めて感じた。
■作品を近くから見る時と遠くから見る時の違いに気づいたり、友達と作者の意図や作品に対する感想を意見交換したりしながら鑑賞する楽しさを味わった。
■文章が少なく絵が主体のポスターや文章と絵で伝えるポスターなど、伝えたいことをよく考えてデザインすることの大切さを感じた。様々な作品を制作する上で、いろいろな表現の仕方を鑑賞できてとても面白かった。
■作品に直接メッセージが記入されているわけではないので、自分の目で見ながら静かに考える時間ができ、とても実のある経験となった。学芸員の方には、わかり易く丁寧に質問に応じていただき、本当に良い勉強になった。作品に触れる楽しさを知ることができた。
■ポスターと保育には通じるものがあると思った。ポスターは伝えるために、見る人の事を考えなければならない。様々な素材や技術の引き出しから選択して構成する力が必要だ。保育でも一人一人の子どもがどんな子なのか知った上で、その子に合った援助の方法を保育者の引き出しから取り出す必要があると思った。

画像(121x180)・拡大画像(432x640)

ゆったりした空間です

画像(121x180)・拡大画像(432x640)

おしゃれな椅子

画像(119x180)・拡大画像(426x640)

ペアシートに座ってみました


ページのトップへ ページのトップへ