富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

4

2016


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  PHOTO
南砺福野高校・南砺福光高校PTAの皆さんが本学を訪問されました

南砺福野高校・南砺福光高校PTAの皆さんが本学を訪問されました

公開講座【八尾会場】の開催の様子を紹介します

公開講座【八尾会場】の開催の様子を紹介します

第53回大学祭を開催しました!

第53回大学祭を開催しました!

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

16/04/19 (火)

平成28年度教養科目講座「現代社会と人間」始まりました [学務課]

画像(180x120)・拡大画像(640x427)

本講義について説明する担当教員

 2016(平成28年)4月13日(水)の5限目から、平成28年度 教養科目「現代社会と人間」の第1回目講義が始まりました。

 本講義は、全学科の受講希望者を対象に、総合短期大学である本学の特徴を生かして、現代社会における地域課題と密接につながる「食と健康」、「保育と育児」、「情報と経営」、「福祉と介護」の各分野、その他現代社会と地域を理解するのに役立つ事柄を学びます。このことによって、人間の生活を総合的に学び、幅広い視野と豊かな人間性を養うことを目的として毎年開講しています。
 

画像(180x120)・拡大画像(640x427)

講義中の中島学長

 初回は、本学中島恭一 学長を講師に迎え、「学び続け、そして挑戦を」という演題で、学長自身の経験を交え、学び続けること、そしてさまざまな課題に挑戦することの大切さの講義を行っていただきました。

 講義の中では、本学園や本学の紹介、学びについての先人の教えや、高校と短大での学びの姿勢の違いを説明され、「一日一日の学びの積み重ねが大きな成果につながる」とご自身の経験を踏まえて話されました。

 本学の歴史と建学の精神である「高い知性、広い教養、健全にして豊かな個性」に触れながら本学での「学び」を通じて、
 @専門の学芸を教授し、職業又は実際生活に必要な能力の向上をはかっていること
 A地域社会の発展に貢献できる人材の育成をしていること
 B今後の社会のあり方を考える…「18歳からの選挙権」がスタートしたこと
 C今後の少子高齢化、人口減少社会をいかに乗り切るか
等についても述べられました。

 終盤では、学生に向けて「あきらめずに、挑戦(チャレンジ)する気概を持ち続けよう」というエールを送られました。

画像(180x120)・拡大画像(640x427)

課題について聞き洩らさなように、真剣に聞いてます

 終了後の学生のアンケートでは、
「2年間という短い中で、毎日一生懸命学びたい。地元の富山県で人のために貢献出来る人間になりたいと改めて思った」

「高校までの受動的な態度ではなく、短大は能動的、主体的に学ばなければならない。一生涯の学びにつながるように資格の勉強をがんばり、ボランティア活動にも積極的に参加したい」

「選挙権が与えられたこともあり、社会の有り方についてもっと勉強し、自分の考えをはっきり持ちたい。待機児童の解消にはどうすればよいか、もっと学びたい」
などの意見が数多く寄せられました。

 今年度の本講義は、4月から6月の毎週水曜日5限目に、全8回(学外講師3回を含む)開講する予定です。
 外部講師には、特定非営利活動法人デイサービス「このゆびとーまれ」代表 惣万佳代子 氏、富山県議会議員・富山県選挙管理委員会職員の方々、富山国際大学 教授 上坂 博亨 氏を予定しています。

ページのトップへ ページのトップへ