富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

7

2016


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
  PHOTO
経営情報学科のオープンキャンパス パートV 詳細のお知らせ

経営情報学科のオープンキャンパス パートV 詳細のお知らせ

付属みどり野幼稚園で教育実習が始まりました

付属みどり野幼稚園で教育実習が始まりました

富山いずみ高校PTAの皆さんが本学を訪問されました

富山いずみ高校PTAの皆さんが本学を訪問されました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

16/07/06 (水)

授業紹介 食品学実験 (担当:竹内教授) [食物栄養学科]

 1年生前期に開講している「食品学実験」は、栄養士資格を取得するために必ず修得しなければいけない科目です。食品に関する基礎的な分析技術を実習形式で学びます。

 基本的な化学実験の操作にはじまり、脂質やたんぱく質といった栄養成分の分析実験を実際に行います。授業の始めには実験の説明があり、その後各グループで実験を行い、結果をレポートとしてまとめていきます。今回は、糖の分析を行いましたので、その授業内容を簡単に紹介します。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

実験の様子

 
 今回の実験は、試験管A、B、C、Dの中に溶けている成分(糖質)が何かを明らかにするというものです。各班に、水、ぶどう糖、果糖またはでんぷん溶液の入った4つの試験管A〜Dが配られます。その試験管に何が入っているかは、いずれも透明な液体のため分かりません。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

試験管A〜D

 
 別の試験管にサンプルを取り分け、ヨウ素ヨウ化カリウム溶液を加えたところ、左から3番目の試験管が紫色に染まりました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

ヨウ素デンプンの反応が出ました!

 
 ヨウ素ヨウ化カリウム溶液は、でんぷんと反応して紫色になります。このことから、この試験管には、でんぷん溶液が入っていたことがわかります。

 このようにして3種類の化学反応試験を行い、含まれている糖質のすべての種類を判別していきます。

ページのトップへ ページのトップへ