富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

1

2017


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
  PHOTO
絵本ランドに出演して会場を盛り上げました!

絵本ランドに出演して会場を盛り上げました!

悠久の森において食事相談会を行いました

悠久の森において食事相談会を行いました

ボランティア日記〜小学生合宿のサポート〜

ボランティア日記〜小学生合宿のサポート〜

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

17/01/13 (金)

富山大学・新潟大学・京都産業大学の編入学試験に合格 [経営情報学科]

 経営情報学科の卒業生のうち、毎年数名の学生が国公立大学を中心とした四年制大学への編入学を希望しています。今年度も各大学の編入学試験において、富山大学・経済学部(1名)新潟大学・経済学部(2名)京都産業大学・経営学部(1名)にそれぞれ合格しました。さて、編入学のメリットとは何でしょうか?



Q1|編入学とは何ですか?

短期大学や高等専門学校の卒業生などが、主に四年制大学の3年次に進学する制度です。多くの四年制大学が実施しており、多様な学生を受け入れる制度として活用されています。



Q2|複数校を受験することは可能ですか?

編入学試験は、各大学で試験日程が異なります。そのため国立大学を複数受験することも可能です。試験科目も専門科目と英語に加えて面接など、比較的受験科目数が少ないことが特徴です。



Q3|経営情報学科ではどのような支援が受けられますか?

英語と小論文について、講義時間外に補講を実施しています。英語は文法や長文読解、小論文は時事問題を中心に経済学・経営学の視点で読み解く力を培います。2年次からは難易度の高い過去問題の解答を通じて、試験対策の指導を図っています。

Q4|どのような学生が編入学を希望していますか?

在学中の勉強を通じて専門的な知識を修得したい学生や、現役受験時に志望校に合格できなかった学生など、志は様々です。各学生に共通していることは主体的に学び、より多くの知識を得たいという向上心を抱いていることです。

画像(320x250)・拡大画像(640x500)

編入学は短大生の進路のひとつ

ページのトップへ ページのトップへ