富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

5

2017


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
  PHOTO
キャンパス内の付属みどり野幼稚園で実習中!

キャンパス内の付属みどり野幼稚園で実習中!

学外研修 in 高山を実施しました -1日目-

学外研修 in 高山を実施しました -1日目-

「ボランティア・地域活動センター運営委員会」を開催

「ボランティア・地域活動センター運営委員会」を開催

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

17/05/01 (月)

今月の新着図書だより(2017年5月受入分) [図書館]

「カリスマフード 肉・乳・米と日本人」 
畑中 三応子著 383.8-ハミ
明治維新から150年の間に、日本の食生活は激変した。その中でも肉・牛乳・米等は、奇跡の妙薬「カリスマフード」として国の政策とも深く関わってきた。その「カリスマフード」の受容から食物の現代史をたどる。

「Cooking for Geeks料理の科学と実験レシピ」
Jeff Potter著 596-ホシ

食材の味と風味の組み合せ方、熱の加え方で、食材に与える影響を追及。パンやお菓子の生地に空気を含ませる方法等を紹介しながら科学的な調理の仕組みを詳説。100以上のレシピ、実験も収録している。

「子どもの本のよあけ」
荒木田 隆子著 909-アタ

戦後日本の子どもの本の世界に大きな足跡を残し、子どもの本をだれよりも早く深く楽しんだ瀬田貞二。子どもたちの幸せのために力を尽くしたその仕事のひとつひとつが、担当編集者として深く関わった著者の言葉で生き生きと語られる。

「ファミリービジネスの承継と税務」
高沢 修一著 335.3-タシ

創業100年を超える老舗企業「ファミリービジネス」における物的承継の論点を明確にし、「ファミリービジネス」の方向性について検証する。また、在日コリアン企業家・韓国財閥のファミリービジネスを検証し、人的承継の本質を分析する。

「人工知能が変える仕事の未来」
野村 直之著 007.1-ノナ

人工知能(AI)を産業・経営・仕事にどう活かせるのか? いまのAIには何ができて、何ができないのか? 日夜、AIの開発に携わる研究者にしてベンチャー企業家の著者が、AIのすべてを説き明かす。

「心をおどる造形活動」
成田 孝著 376.156-ナタ

「どんな題材をどのように支援すればよいか」だけでなく教育方法学的な根拠が必要だ。確かな学びを育むために、保育者が理解すべき「造形活動の本質」と、「発達に応じた描画材料や題材、造形の環境、記録の生かし方」なども具体的に紹介する。

「保育の質を問う」
塚口 伍喜夫 他著 369.42-ホ

「森友学園」や「認定子ども園の給食の実態」が大きな社会問題になっている。保育者の子どもに対する教育や姿勢がそのまま保育現場に反映される。保育者を目指す者として、もう一度良質の保育とは何か考える手立てになる一冊。

「イギリスの認知症国家戦略」
小磯 明著 369.26-コア

イギリスの高齢者福祉と認知症政策、その実践を紹介している。日本の地域社会が、認知症の人への担い手となるために何が必要か?イギリスの活動現場から認知症対策を学び、新たな開発として何が必要かその視点を学びたい。

「福祉現場における「共生」に向けたコミュニティの生成」
青木 美和子著 369.27-アミ

高次脳機能障害に対して、確立された支援方法や社会資源がない時期に、その実践を開始した小規模作業所「Re〜らぶ」。スタッフとメンバーたちがどのようにコミュニティを生成してきたのか、そのプロセスを追う。

「コーヒーが冷めないうちに」
川口 俊和著 913.6-カト

時に人は、過去に戻れたらどんなに良いだろうと考えることがある。
過去に戻ることができるというある喫茶店の“ある席”。喫茶店で起こった、心温まる4つの奇跡のストーリー。今話題の一冊。

「ジブリの哲学」
鈴木 敏夫著 778.7-スト

世界中に愛されているアニメ映画を、どのように創ってきたのか。そこには出会いと映画、プロデューサーとしての「戦略」、そして宮崎監督との何気ない会話。ものづくりの愉しさと、著者の熱い思いが伝わってくる、貴重なドキュメントエッセイ。

ページのトップへ ページのトップへ