富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

8

2017


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
  PHOTO
作品紹介:幼教ギャラリー2014 【夏】

作品紹介:幼教ギャラリー2014 【夏】

富短大学祭へようこそ!園児がキャンパスへ遊びに来てくれました

富短大学祭へようこそ!園児がキャンパスへ遊びに来てくれました

ボランティア日記〜夏休みの児童館での子どもサポート〜

ボランティア日記〜夏休みの児童館での子どもサポート〜

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

17/08/01 (火)

今月の新着図書だより(2017年8月受入分) [図書館]

画像(127x180)・拡大画像(245x346)

「治す食事 患う食事」
Reader’s Digest著 498.58-ナ


食物は時に薬となり、時に毒になる。
本書は、食材の良い面・悪い面の双方を示しており、客観的で偏りのない情報を提供している。
自身や家族、患者のための栄養知識が学べる1冊。

画像(120x180)・拡大画像(243x364)

「マルカン大食堂の奇跡」
北山 公路 著673.9-キコ


昭和なデパート大食堂「マルカン大食堂」。閉店のニュースを知った、特大ソフトをこよなく愛する地元の高校生たちは署名活動を始めた。地元若手企業家も立ち上がり、活動は周囲を取り込でいく。大食堂が再オープンするまでの市民とファンの1年をまとめたノンフィクション。

画像(135x180)・拡大画像(261x346)

「シンプルの正体」ディック・ブルーナのデザイン
デッィック・ブルーナ 画 726.5-フテ


「究極のシンプル」と称される、明快な色や形が魅力のデッィク・ブルーナの作品。美しい図版とともに、色、線、形などの特徴から新たな分類を試み、ブルーナが生み出した「シンプルの正体」を明らかする。

画像(122x180)・拡大画像(247x364)

「お絵かきの想像力」
皆本 二三江 著 376.11-ミフ


子どもの絵に目を凝らし耳を傾ければ、心の声が聞こえてくる…。優れた色彩感覚、名画にも通じる感性など、ただの「らくがき」と軽視しがちな絵が、想像をはるかに超える可能性を語る。子どものこころを尊重する教育・育児のあり方に光を当てる1冊。

画像(124x180)・拡大画像(245x355)

「教養としての社会保障」
香取 照幸 著 364-カテ


社会保障の全体像、社会保障と経済や政治との関わりを一般教養として理解できるよう「市民目線」で解き明かす。制度の成り立ちから、我が国の問題点、改革の方向まで、社会保障改革と闘い続けた著者がわかりやすく解説する入門書。

画像(124x180)・拡大画像(246x355)

「できることを取り戻す魔法の介護」
長谷工シニアホールディングスにやりほっと探検隊 著 369.26-テ


これまでの余裕がない介護現場の反省から、視点を変えた「にやりほっと」活動が始まっている。現場のノウハウを家庭向けに紹介する。その人らしい生活を取り戻す認知症ケアの新しいスタンダードとなる1冊。

画像(125x180)・拡大画像(248x355)

「築地移転の闇をひらく」
中澤 誠 他著 675.5-ツ


なぜ汚染は残ったか。卸売市場はなぜ大切か。築地市場の移転反対運動に長年取り組んできた著者たちが問題の本質を指摘し、その経緯と問題点を整理する。食の安心・安全と、「世界の築地」を守る意義を語る。

画像(124x180)・拡大画像(246x355)

「ジョン・マン 6順風編」
山本 一力 著 913.6-ヤイ


バートレット・アカデミーを首席で卒業した万次郎。故郷や仲間に思いを寄せながら、ニューベッドフォードから二等航海士として捕鯨船フランクリン号に乗り込む…シリーズ第6弾は、万次郎の航海士としての冒険とその成長の物語。

画像(127x180)・拡大画像(251x355)

「かがみの孤城」
辻村 深月 著 913.6-ツミ


部屋に閉じこもっていた不登校の少女こころ。鏡の向こうの世界で出会った似た境遇の7人。秘めた願いを叶えるため、城で隠された鍵を探す―
生きづらさを感じているすべての人に贈る物語。

画像(180x128)・拡大画像(296x212)

「しんせつなともだち」
万 軼羣 作 E−フイ


食べる物のない雪のある日。1つのカブが、うさぎからろばへ、ろばからやぎへと、友達への思いやりの心をのせて届けられていく。ぐるぐる話の傑作。
作者が伝え聞いた、朝鮮戦争時の逸話がもとになって誕生した絵本。

ページのトップへ ページのトップへ