富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

11

2017


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
  PHOTO
富山国際学園50周年記念Webサイトを公開しました

富山国際学園50周年記念Webサイトを公開しました

第45回入学式 〜入学おめでとうございます〜

第45回入学式 〜入学おめでとうございます〜

ボランティア日記 〜こども支援センター夏祭りの手伝い〜

ボランティア日記 〜こども支援センター夏祭りの手伝い〜

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

17/11/15 (水)

ボランティア日記〜富山マラソンランナーサービス〜 [ボランティア活動]

 2017(平成29)年10月29日(日)、富山マラソン2017に今年は74名の学生がボランティアとして参加しました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

お揃いのスタッフジャンパー着用

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ランナーの皆様、ゴールで待っています


 この日は、雨の降りしきる中での活動でしたが、フィニッシュランナーサービスを担当した学生たちは、ゴールする約1万人のランナーに、タオルやメダルをかけてあげたり、給水用のペットボトルを手渡しました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

メダル準備OK!

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

お疲れ様です!!


参加学生の声
・作業、役割を分担することで効率良い環境で素早く行動できた。ランナーに「お疲れ様です」「完走おめでとうございます」と笑顔で言うと、「ありがとう」という言葉を貰う自分が嬉しくて、精一杯笑顔で迎えようと思えた。

・お疲れ様ですと言いながらハイタッチをすると、「ありがとう」「疲れが吹き飛ぶ」などと声をかけてもらえて、嬉しかった。マラソンはランナーだけでなく、多くの人の協力で成り立っていると分かった。

・人の目をみて、声をかけたりタオルをかけることで、涙ぐんで「走りきれてよかった」、「寒い中サポートしてくれてありがとう」と言われ、雨の中でしたがやって良かったと思えました。

・ランナーの方は雨の中走ってこられて大変なのに、「ありがとう」や「お疲れ様」と言ってくださいました。どんなに疲れていても優しさや気づかいができる人になりたいと思いました。

・タオルを渡す時にうまくかけられていないときもあり、肩から落ちてしまう場面もやや見受けられました。肩から落ちないように、また 落とされたらすぐ拾いに行くことも私たちの役割だと思いました。

・後半はハイタッチする人とタオルをかけてあげる人に分かれてランナーの皆さんのサポートをしました。雨の中、足を引きずりながらやっとゴールした人や疲れた顔の方がたくさんいらっしゃいました。でも、どの方も私たちが、「お疲れ様でした!」と声をかけると笑顔になってくださりやりがいを感じました。また、「雨の中ありがとうね、寒いやろ?」と私たちよりも濡れて疲れているのに気を遣ってくださり泣きそうになりました。長時間立ちっぱなしで、笑顔でずっと立っていたので大変でしたがそれ以上に得るものが大きく参加して良かったと思いました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

完走おめでとうございます

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

給水班


教員より学生へ
 富山マラソンのボランティアに参加された皆さん、お疲れ様でした。あいにくの雨の中でのボランティアでしたが、ランナーの方々の熱い思いに触れて、きっと皆さんも温かい気持ちになったことと思います。
 ボランティアは「何か人の役に立てられないか」と考え立ち上がるものですが、この富山マラソンのボランティアは、「頑張っている人」を支えるボランティアです。きっと普段とは違う視点でボランティアの素晴らしさが味わえたのではないかと感じます。何かに打ち込むことの素晴らしさや、自分の限界まで挑戦することの意味など、是非今回のボランティアで感じ取ったことを、これからの生活に活かしてください。

画像(180x112)・拡大画像(640x400)

タオル班

画像(180x112)・拡大画像(640x400)

拍手やハイタッチでお出迎えしました


ページのトップへ ページのトップへ