富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

10

2017


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
  PHOTO
就職について先輩と語る会(2年生進路指導)

就職について先輩と語る会(2年生進路指導)

キャリア・デザイン〜職業研究の発表

キャリア・デザイン〜職業研究の発表

滑川高校PTAの皆さんが本学を訪問されました

滑川高校PTAの皆さんが本学を訪問されました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

17/10/26 (木)

基礎実習報告会を開催しました [福祉学科]

 福祉学科の1年生は、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、グループホーム、小規模多機能型居宅介護事業所、富山型デイサービス、訪問介護事業所などにおいて、8月後半に全員が10日間の基礎実習を行いました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 基礎実習は、利用者とのかかわりをもつための基本を理解すること、利用者の生活と介護職員の活動を見学体験して生活支援技術について理解を深めることを目的として実施しています。

 2017 (平成29)年10月25日(水)に基礎実習報告会を開催しました。1年生は実習の成果を報告集としてまとめ、それぞれが学んだことや気づいたことを発表しました。利用者とのかかわりを体験して、さまざまな学びを得ることができたようです。

1年生の発表
画像(180x135)・拡大画像(640x480)
  • 実習は思った以上に緊張した。挨拶後に自分から話しかける勇気が利用者を前にすると、なかなかでてこなかった。
  • 安全安楽の介護技術を実施するには、利用者に応じた声かけや、身体機能を理解して方法を選択することが大切であった。
  • 1日の生活は利用者の体調や好み、こだわりがあるなかで、個別に配慮した生活の工夫があり、チームとして介護が展開されていた。
  • 身近に寄り添う介護福祉士の役割と多職種の意見交換があり、施設全体が自立した生活をめざしていることが学習できた。
  • 自分がめざしたいと思える実習指導者に巡り合え、今後の学習をこれまで以上に真剣に取り組みたいと思った。
  • 最終日には利用者から「頑張って勉強して、また来られ。まっとるよ、ありがとう」と、思いもかけない言葉を掛けられ、胸が熱くなった。福祉分野を選んで良かったと強く思った。

2年生から1年生へ
画像(180x134)・拡大画像(640x479)
  • 1年生は次の実習で利用者の情報収集を行います。利用者理解とともにコミュニケーションのさまざまな技法を復習して、頑張ってきてほしいと思います。そして、利用者一人ひとりに応じたケアの工夫についても学んできてください。
  • 2年生は、これから最後の実習となる「総合実習」に入ります。1年生の真摯に利用者と向かい合う心を胸に刻み、自分の介護観を高められるように取り組みたいと思います。

ページのトップへ ページのトップへ