富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

10

2017


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
  PHOTO
第50回 大学祭を開催します!

第50回 大学祭を開催します!

第53回卒業式を挙行しました!

第53回卒業式を挙行しました!

長野県内で学外研修を実施

長野県内で学外研修を実施

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

17/10/30 (月)

AEDを使った子どもの救急蘇生法を学びました [幼児教育学科]

 幼児教育学科2年生「児童社会」では、保育者として、現代の子どもを取り巻く社会的問題への総合的な認識を深めるとともに、個々の問題への解決力を身につけることを目標としています。

 今回は「子どもと危機管理」をテーマに、2017(平成29)年10月28日(土)に実施した「AEDを使った心肺蘇生法」の授業風景を紹介します。

画像(320x240)

救急救命士の方にお手本を見せていただきました

 この日は、講師として富山市消防局呉羽消防署より救急救命士の方1名と、富山市応急手当指導員7名の方々にお越しいただきました。

 主に子どもが突然の心停止になる原因などについて講義を受けた後、乳児(1歳未満)・幼児(1歳以上)それぞれにおいての心肺蘇生法の手順を学びました。
 続いて、グループごとにAEDが届くまでの胸骨圧迫や人工呼吸の方法、AEDの使用法を体験しました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

幼児の胸骨圧迫を行っています

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

気道確保をして人工呼吸を行います

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

AEDが到着したら電源を入れ、電極パッドを装着します

 富山市では119番通報後、救急車が到着するまで平均7分かかるとのことで、一次救命処置として迅速な心肺蘇生とAEDによる除細動の実施によって、救命の連鎖を支えられることを学びました。

 4月から保育の場で働く学生たちにとって、すぐに必要な知識と技能を身につけることができました。
 今回受講した幼児教育学科2年生全員に、救命講習受講修了証が渡されました。

 講師としてお越しくださった救急救命士の方をはじめ、ボランティアスタッフ(応急手当指導員)のみなさまに感謝申し上げます。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

修了証を手にする学生たち

ページのトップへ ページのトップへ