富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

11

2017


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
  PHOTO
就職特別講座「先輩と語る会」

就職特別講座「先輩と語る会」

就職合同企業説明会が実施されました

就職合同企業説明会が実施されました

学生同士の絆を深める〜学外研修part1

学生同士の絆を深める〜学外研修part1

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

17/11/07 (火)

総合的研究発表会を開催しました [福祉学科]

 2017(平成29)年10月27日(金)に「平成29年度 福祉学科総合的研究発表会」をA館プレゼンテーションホールで開催しました。
 総合的研究では、社会福祉や生活福祉、介護福祉の各分野からテーマを選択し、調査・研究を行います。各分野で4〜5名のグループを構成し、専任教員が分担して指導する必修科目です。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

 今年度は、9つのテーマで調査・研究の成果について発表しました。2年生はこれまで、各班様々なアクシデントを乗り越えながら研究計画に添い、1年間にわたる研究を行ってきました。

 発表当日の会場には、実習施設先の施設長、担当指導者、卒業生、またインタビュー調査でお世話になった射水市社会福祉協議会ボランティアセンター、ボランティア団体代表の方々にもお越しいただきました。質疑応答では、貴重な意見をいただくことができました。

 また、この発表会には1年生も参加しました。1年生は、後期から始まった自分たちの総合的研究のテーマとの関連や、研究を進めるための参考にしようと、先輩たちの発表を熱心に聴き入っていました。1年生は既に、研究とは何か、研究の手法、テーマの表現方法、先行研究の文献検索指導など、研究のマナーや取り組み方などを学び始めているところです。

2年生の感想
画像(180x119)・拡大画像(640x426)
    ・研究の始まりのころは何を目的に研究していくのか全くわからなかったが、2年になって中間発表をきっかけにこのままではいけないと気づき、メンバーと真剣に取り組みました。担当の先生の助言をもとに、プレッシャーに押しつぶされそうになりましたが、当日は自信をもって発表できました。
    ・テーマが決まるまで担当の先生に依存していることが多くありました。順調と思っていたらアンケート調査の結果にアクシデントが発生し、メンバー全員の気持ちが沈みかけましたが、何日も放課後残り全員で協力し合い完成できたことにとても充実感がありました。
    ・テーマを決めるときからすごく迷いがありましたが、メンバーで関心のある内容で研究をすすめることができ良かったです。
1年生の感想
画像(180x119)・拡大画像(640x426)
    ・発表を聞いて、想像していた以上の緊張感だったので、来年自分たちがしっかり発表できるか不安になりました。
    ・2年生の発表を聞いて、研究のすすめ方と考察、質問時の対応など学ぶことが多くありました。これからの自分たちの研究に生かしていきます。
    ・それぞれの班が課題に対して工夫した調査をしており、内容の濃さを感じました。
    ・研究していく上で、何を明らかにしていくのか、目的をはっきりさせることが大事だとわかりました。調査方法もインターネットだけでなく、アンケート調査、実地調査、聞き取り調査など多くの手法を使い、研究が深められていくことを理解できました。

ページのトップへ ページのトップへ