富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

11

2017


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
  PHOTO
福祉学科リニューアル! (3) ソーシャルワーク分野の学び

福祉学科リニューアル! (3) ソーシャルワーク分野の学び

2012オープンキャンパスの日程について

2012オープンキャンパスの日程について

福祉・介護啓発セミナーを開催しました

福祉・介護啓発セミナーを開催しました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

17/11/27 (月)

新しくオープンした富山県美術館へ美術鑑賞に行ってきました [幼児教育学科]

 2017(平成29)年11月16日(木)、幼児教育学科1年 「保育内容(造形表現)T」の授業で今年8月にオープンした富山県美術館に出かけました。

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

2017年8月オープン!富山県美術館前で

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

これから鑑賞します!

 会場では企画展「素材と対話するアートとデザイン」「ワールド工芸百選展」が開催されていました。金属、木、紙や新しく開発された素材の特性を生かしたアートやデザインの世界に触れ、素材の可能性や素晴らしさ・美しさや楽しさを味わう貴重な時間となりました。

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

企画展「素材と対話するアートとデザイン」100色のグラデーションで時の流れを感じる作品

画像(180x119)

フラッシュ撮影すると異なる模様が浮き出る服

画像(180x119)・拡大画像(640x425)

風を連れてくる窓


 また、各コレクションの展示室や屋外彫刻・屋上遊具など、見て、触って、五感を使って新しい美術館の魅力を感じることができました。

画像(180x119)・拡大画像(640x426)

針の動きに合わせて砂鉄が動く時計

画像(180x119)・拡大画像(640x425)

インタラクティブアート体験、身体の動きに合わせて画像が動きます


画像(121x180)・拡大画像(432x640)

熊の木彫と一緒に

画像(121x180)・拡大画像(432x640)

ポスタータッチパネル、タッチしたポスターが拡大されます


画像(320x213)・拡大画像(640x426)

話題のオノマトペの屋上へ 「ふわふわ」

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

「ぼこぼこ」 すっかり雪化粧した立山連峰をバックに

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

「ひそひそ」 会話をしてみよう!

【参加した学生の感想より】
■眺望が良く開放的で、床や階段、壁などに木をふんだんに使っている美術館に温かみを感じた。入った瞬間に木の良い香りが漂い、落ち着いてゆったりとした雰囲気を感じた。
■若者でも興味が持てるようにSNS映えするような作品や撮影OKの作品、現代の技術を駆使したスクリーンやパネルなどがあり、美術館の形態も変わってきているのだなと感じた。作品を見て鑑賞するだけでなく、自分が行動したり、体験したりできる鑑賞の仕方が面白いと思った。
■ガラス・木・鉄や銅、錫等の金属―同じ材料を使っていても、技法や作り手の意図によって全く違う姿の作品になっていた。溶けたガラスの金属のような輝きやザラついた表面のガラスの表情等、ガラスとは思えない感じがした。
■企画展示室に入った途端、部屋いっぱいに広がったグラデーションの作品が目に飛び込んできた。色のついた数字が天井から吊り下げられて構成されていた。数字の色は100色あり、富山のある一日の空の色を表しているものだった。作品に心を捕まえられ、美術の世界にあっという間に引き込まれていった。
■カフェやレストラン、アトリエ、屋上の遊具など、飽きることなく過ごせると感じた。展示室や通路などいたるところにベンチが設置されており、いろいろな年齢層の方が来場されるための工夫や配慮がされていた。
■富山県美術館での鑑賞を通して、子どもたちが自由にできる制作活動をしたいと思った。さまざまな種類の素材や画材を用意し広々とした環境を作って、子ども自身のひらめきや発見を大切にしたいと思った。

ページのトップへ ページのトップへ