富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

2

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
  PHOTO
福祉・介護啓発セミナーを開催しました

福祉・介護啓発セミナーを開催しました

2014トミタン ボランティア日記 (4/26)

2014トミタン ボランティア日記 (4/26)

ボランティア日記〜図書館蔵書点検〜

ボランティア日記〜図書館蔵書点検〜

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

18/02/21 (水)

食物栄養学科の学生が考案したゼリーが高岡市の給食で提供されました [食物栄養学科]

 2016(平成28)年11月18日(金)から高岡市と本学は包括連携に関する協定を締結しており、学術・地域振興・文化・教育等の分野において、相互に協力を推進し地域社会の発展に寄与することをめざしています。

 この連携事業の一環として、食物栄養学科の学生が高岡市の地場産食材を用いたレシピを考案しました。
 今回考案したレシピは、高岡産にんじんと国吉りんごを使用した「リンゴとニンジンのトミタンゼリー」です。 
 2018(平成30)年2月16日(金)には、高岡市内の小・中学校(小学校26校、中学校12校、支援学校1校)の給食で提供されました。

画像(320x213)

高岡市内の小中学校に提供されました!

画像(180x119)・拡大画像(320x213)

教材を準備してわかりやすく説明

 高岡市立博労小学校で開催された試食会では、レシピを考案した学生とゼリーの蓋に貼付されたシールのイラストを考案した学生計6名が参加し、ランチルームで児童と一緒に給食を味わいました。
 また学生たちは、山岸紗央里栄養教諭(本学食物栄養学科卒業生)が食育についての話をした後、このゼリーを考案した経緯などをプレゼンテーションしました。

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

りんごとにんじん!栄養たっぷり♪学生考案★トミタンゼリー

 在学時に、自分達が考えたレシピが実際の給食の中で提供され、それを食べている場面に立ち会うことができ、学生たちにとって非常に貴重な経験をすることができました。

 なお、この記事が 2018(平成30)年2月17日(土)の北日本新聞・富山新聞・北陸中日新聞にも掲載されています。

ページのトップへ ページのトップへ