富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

11

2017


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
  PHOTO
学生総会及び球技大会を開催しました

学生総会及び球技大会を開催しました

入学おめでとう 1年生オリエンテーション

入学おめでとう 1年生オリエンテーション

食物栄養学科のオープンキャンパスパートUの様子

食物栄養学科のオープンキャンパスパートUの様子

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

17/11/30 (木)

「介護の日」記念イベントに参加しました。 [福祉学科]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ステージでの体操の様子

 毎年11月11日は、厚生労働省が2008年に決めた「介護の日」(いい日いい日、介護の日)です。今年もその啓発活動として2017(平成29)年11月11日(土)に、『いい日、いい日、介護の日inとやま2017』が富山市まちなか賑わい広場「グランドプラザ」で開催されました。
 本学福祉学科からも、1年生が中心となって参加しました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

福祉学科を紹介する田村さん

 「ステージ発表」では“いきいき歌体操”に参加しました。また午後からの「ふれあいコーナー」では、“伝承交流・ぶんぶんゴマづくり”を行いました。
 ステージ発表では、富山医療福祉専門学校や北陸ビジネス福祉専門学校の介護福祉士養成課程の学生さんと一緒に参加しました。各学校紹介したあと、「サザエさん」「ああ人生に涙あり」の歌にあわせて、会場の方々と笑顔で楽しく健康体操をしました。体操の最後には、『介護最高!』の掛け声も飛んでいました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

将来の夢を語る福井君

 また、代表学生による「介護福祉分野に進んだきっかけや将来の夢」についての発表がありました。本学からは、1年生の福井拓実くんが祖父母との関わりから介護に興味を持ち、将来は「利用者さんに家族のように愛され、信頼される介護福祉士になりたい」と力強く語りました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ぶんぶんゴマは学科の伝統芸に

 ふれあいコーナーブースでは「伝承遊び」として『ぶんぶんゴマづくり』を行いました。牛乳パックで台紙を作り、ペンやシールを使用して、それぞれ好きなデザインに飾り付けをしました。中心に穴をあけ、タコ糸を通して出来上がりです。出来上がったぶんぶんゴマは、どれもカラフルで、見ているだけでも楽しいものになりました。
 紐を持ち、片手を固定させ、もう一方の手でぐるぐる駒を回し、紐を引っ張るとビューンと音が鳴って回り始めます。何度かするうちに要領がわかり、上手に回せるようになりました。子供連れのご家族にもご参加いただき、みんなで一緒に楽しい時間を過ごすことができました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

副賞は万年筆でした

 今回のイベントのサブタイトルは公募によって決められています。「介護で広げる地域の笑顔、福祉でつくるみんなの幸せ」というサブタイトルは、本学2年生の住吉強くんの作品です。介護の日当日には、授与式がありました。2年生はあいにく実習中であったため、代理で1年生の山本出海くんが表彰状と副賞を受け取りました。
 住吉くんの表彰式はあらためて福祉学科で開催し、関学科長より表彰状と副賞が渡しました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

挨拶をする本学の卒業生の竹内君

 介護の日イベントの中では、「がんばる介護職員応援事業」の表彰式も行われました。福祉・介護の現場で頑張っており、未来の福祉リーダーを担う「2017介護のがんばりすと」として、本学の卒業生も7名表彰を受けました。代表の挨拶では、本学卒業生の竹内慶吾さんが「利用者一人ひとりに真剣に目を向けて、チームとして同じ方向に向かって大きな視野をもって仕事をしていきたい」と話していました。

ページのトップへ ページのトップへ