富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

2

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
  PHOTO
第55回入学式の挙行について

第55回入学式の挙行について

卒業生からの就職アドバイス

卒業生からの就職アドバイス

インターネット出願の導入について

インターネット出願の導入について

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

18/02/28 (水)

就職活動直前!集団面接練習を行いました [経営情報学科]

 後期の授業や期末試験も終わり、経営情報学科の1年生たちは、1Dayインターンシップや企業見学会へ足を運んでいます。
 2018(平成30)年2月15日(木)〜2月21日(水)に、3月からスタートする就職活動に向けて、経営情報学科1年生全員が、集団面接練習を行いました。

画像(132x180)

中村 昌彦氏

 
 講師として、株式会社アイバック 業務統括本部制作室室長の中村昌彦氏をお招きし、丁寧に指導をしていただきました。県内外の企業の人事担当の方と接している中村氏は、就職面接では何が重要視されているのかのポイントや、全国的な就職活動の傾向等を熟知されています。
 
 今回の集団面接練習はで、よりきめ細かい指導ができるように、4日間に分けて実施しました。また、面接される立場と、面接中の様子を客観的に観察する立場の両方を経験しながら進めていきました。

画像(180x130)・拡大画像(640x464)

面接の様子を客観的に見ることも勉強です

 
 張り詰めた緊張感の中で行われた面接練習では、5人前後のグループに分けて、自己紹介や短大で学んでいることなどを順に発表していきました。
 面接練習では、学生が事前に準備し提出したエントリーシート全てに対して講評をいただきました。また、「自分を四文字熟語で表現する」「好きなCM」など、実際に企業面接で聞かれる可能性がある質問に挑戦する場面もありました。

 中村氏からは「論理的に話をする」「客観的に自分を知る」「身だしなみに手を抜かない」「事前準備の重要性」など、練習中にあらゆる角度から注意点が説明され、学生たちは一言も聞き漏らさないようにと、熱心にメモを取っていました。

■学生の感想
・単に自己PRといっても、面接官の方は私たちの本質を知ろうと、あらゆる角度から質問をされた。自分で自分のことをより深く理解しておくことがとても大切だと感じた。
・大勢の友人前で話すことはとても緊張したが、友人の良いところを真似しようと思った。また、気をつけなくてはいけない立ち居振る舞いや注意すべき言葉遣い等が理解しやすかった。

ページのトップへ ページのトップへ