富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

3

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
  PHOTO
第32回全日本大学女子野球選手権大会に出場しました!

第32回全日本大学女子野球選手権大会に出場しました!

施設見学で学びを深めました

施設見学で学びを深めました

森 富山市長 講義

森 富山市長 講義

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

18/03/28 (水)

介護福祉士国家試験への初挑戦結果 [福祉学科]

 2018(平成30)年1月28日(日)に行われた第30回介護福祉士国家試験に、福祉学科からも32人が受験をしました。その合格発表が、3月28日(水)14時にWeb上でありました。
 福祉学科からの合格者は28人で、合格率は88%という結果です。全国平均での合格率は71%でした。介護福祉士養成校の全国平均は88%であり、好成績を収めることができました。

 これまで介護福祉士養成校では、卒業時に介護福祉士の国家資格を与えられていましたが、今年度から卒業時の質の保証や就職後の処遇改善につなげるべく、国家試験を養成校の学生も受けることに変わったものです。
 ただし、平成33年度までに2年制の養成校を卒業できることになる高校の新2年生までは、国家試験の合格に関係なく、5年間の期限付ではあっても介護福祉士として卒業、就職できます。

 福祉学科では、冬場の天候不順に備え、受験者全員が試験会場の金沢市で前泊するとともに、余裕を持って会場へ向かえるよう送迎バスを手配するなど、万全を期して受験に臨みました。教員も前泊から2名が引率し、試験直前までサポートをしました。その甲斐もあって、一人も体調不良者を出すことなく、受験ができています。学生たちも国家試験合格に向けて頑張ってくれました。

 今後も福祉学科では、高い知識と技術を備えた介護福祉士の養成に力を入れていきます。

ページのトップへ ページのトップへ