富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

7

2018


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
  PHOTO
【速報】公務員保育士採用試験に計18名合格! (11/30最終)

【速報】公務員保育士採用試験に計18名合格! (11/30最終)

学生会が第1回美化運動を実施しました

学生会が第1回美化運動を実施しました

学生プレゼンテーションコンテストで本学学生2名が優秀賞を受賞しました!

学生プレゼンテーションコンテストで本学学生2名が優秀賞を受賞しました!

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

18/07/02 (月)

今月の新着図書案内(2018年7月受入分) [図書館]

画像(125x180)・拡大画像(348x499)

「農と食の新しい倫理」
秋津 元輝・佐藤 洋一郎・竹之内 裕文 編著 610.4/ノ

何を食べているのか。その食べ物は、どこから来たのか。食は、この世に生きるあらゆる人が当事者である。消費者・生産者一人ひとりが、社会ぐるみで食の倫理に向い、実践しなければ食をめぐる問題は解決しない。

画像(128x180)・拡大画像(357x499)

「からだの中の化学」
立屋敷 哲 著 491.4/タサ

食べた物がからだの中でどのように化学反応し私達の身となり健康を支えているのだろう。化学的基礎が、からだの仕組みや消化・吸収、代謝、栄養等どうつながっているのか、自分のからだの中で起こっていることを化学的に解説している。

画像(127x180)・拡大画像(207x293)

「子どもの貧困と食格差」
阿部 彩他 編著 369.4/コ

7人に1人が貧困家庭で育つなかで、食事の量や栄養が足りない子どもたちが増えている。栄養学的調査から、子どもの食格差と健康格差の拡大を示し、この状況を変えるために、すべての学校での完全な給食の実施を訴える。

画像(127x180)・拡大画像(207x293)

「病気の子どものこころの世界」 
角田 哲哉 著 146.8/カテ

慢性疾患や精神疾患、発達障害で苦しむ子どもたちに特徴的な表現とはどのようなものか。そしてそれらは心理臨床的な関わりによってどのように変化していくのか。20年以上にわたる病弱教育の経験の中から紡ぎ出される子どもたちの魂の物語。

画像(130x180)・拡大画像(200x276)

「絵を読み解く絵本入門」
藤田朝巳・生田美秋 編著 726.6/エ

絵本の「絵」を読み解くとは、どのようなことか。古典的な作品と現代の作品に分けて、絵本の「絵」を中心に、絵本の読み解き方をユニークに、具体的に説明している。絵本と絵本研究に関心のある人に役立つ一冊

画像(124x180)・拡大画像(441x640)

「選択しないという選択」
キャス・サンスティーン 著 伊達尚美訳 331/キ

ビッグデータが活用されるようになり企業や政府は、商品やサービスのデフォルトを簡単に設定出来る様になってきた。選択する自由はなくなってしまうのか?ビッグデータ時代にふさわしい自由と選択を追い求め今、注目のリバタリアン・パターナリズムをさらに進化させていく。

画像(130x180)・拡大画像(200x276)

「奇跡の村・舟橋」
富山新聞社報道局 編 302.1/キ

日本のモナコになる! 人口増加率全国2位、15歳未満の人口割合全国1位…。数々の奇跡を起こした日本一小さな村・舟橋村を長期取材し、地方創生のヒントを探る。『富山新聞』掲載を加筆・修正して単行本化

画像(131x180)・拡大画像(214x293)

「書物の文化史」
加藤好郎・木島史雄・山本昭著 020..2/シ

モノとしての書物(メディア)を通して「文献文化」および「知の枠組み」を考察するテキスト。世界の各地域・時代において文献はどのような媒体(メディア)に載せられ、どのように読まれてきたかについて、図版も豊富に交えながら解説する。

画像(124x180)・拡大画像(202x293)

「三千円の使い方」
原田 ひ香 著 913.6/ハヒ

人生には、入学、突然の入院や、身内の介護費用、結婚資金とお金がる時期がある。
冒頭の祖母の言葉「三千円くらいの少額のお金で買うもの、選ぶもの、三千円ですることが、結局人生を形作っていく」という言葉が興味深い。お金を使うことを考えさせられ一冊。

画像(180x131)・拡大画像(474x345)

「まじょのかんづめ」
佐々木 マキ さく E/サマ

女の子と犬が、の森に遊びに行くと、いつの間にか家がたっている。そーっ中へ入ってみると、かんづめから「たすけてくれえ」と声が聞こえてくる。缶切りで開けてみると、ぞうやくまが現れて…。読み聞かせで使いたいと学生からリクエストがあった一冊。

ページのトップへ ページのトップへ