富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

8

2018


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
  PHOTO
2015トミタン ボランティア日記(10/12)

2015トミタン ボランティア日記(10/12)

平成23年度教養科目講座「現代社会と人間」始まる

平成23年度教養科目講座「現代社会と人間」始まる

キャリア支援〜“己”を知ること

キャリア支援〜“己”を知ること

  ブログ内検索

上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0
  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

18/08/31 (金)

なんと未来ミーティングのファシリテーターを務めました [ボランティア活動]

 2018(平成30)年8月4日(土)、幼児教育学科の学生2名が、南砺市主催 「なんと未来ミーティング」 のファシリテーターとして参加しました。興味のある分野に分かれて、高校生たちと南砺市の未来について話し合い、話し合ったことをグループごとに発表し合って、南砺市 田中市長 に提案しました。

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

向かって左のふたり「ユリトコ」です  南砺市役所 福野庁舎講堂にて

 
 高校生たちが南砺市について日頃思っていることや生活を通じて感じていること、また授業などで学んだことなどを踏まえ、将来の南砺市について意見を出し合いました。

画像(180x120)

膝の上には書き込みできる『えんたくん』

画像(180x120)

「合掌造り風コンビニは!?」


 
 高校生たちは南砺市をどう変えていけばいいか、何が必要かなど独自の考えをしっかり持っていました。

画像(180x120)

まちづくりのアイディアを発表

画像(180x120)・拡大画像(640x427)

田中市長は興味を示してくださいました


参加学生の声
・ファシリテーターとして笑顔で明るく話しかける、一人ひとりの発言に共感したり話を広げたりすることで、高校生たちも楽しく意見を出し合うことができたのではないかと思う。
・高校生が自由に意見を言うことができるよう、私たちファシリテーターが話しやすい環境づくりをすることが大切だと学んだ。 高校生たちだけでなく、私たちファシリテーターも楽しんで将来の南砺市について考えを深めることができた。

 このような貴重な機会を与えてくださった、能登 貴文 先生、南砺市関係者の皆さま ありがとうございました。

ページのトップへ ページのトップへ