富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

6

2018


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  PHOTO
経営情報学科「進路ガイダンスV」を実施しました

経営情報学科「進路ガイダンスV」を実施しました

インターンシップでの成果や学びを共有

インターンシップでの成果や学びを共有

西洋料理講習会を開催しました

西洋料理講習会を開催しました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

18/06/11 (月)

ボランティア日記 〜農業サポーターin高岡市柴野〜 [ボランティア活動]

 2018(平成30)年5月26日(土)、グリーンツーリズムとやまの農業・農村サポーターとして、食物栄養学科の学生3名が高岡市柴野にある休耕田で、今では珍しい古代米の手植えとヒマワリの種の手蒔きを行いました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

向かって右 3名がトミタン生です

 
 米の品種で稲の色や香りに違いがあることを知ることができ、また現代ではほとんどやっていないという貴重な古代米の手植えを経験させていただきました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

古代米の手植え


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ヒマワリの種の手蒔き

 
 周りに高い杉の木が立っていて日が当たらない、猪や熊が出没することで田や畑がダメになる、という理由で使われず荒地になった田を耕し、今日はヒマワリの種の手蒔きを体験させてもらいました。

参加学生の声
・手で苗を一つ一つ植えていくことはとても体力が必要でした。
・今はもう機械ですが、昔は全て手作業で、体験した場所よりもさらに広い所を田植えをしていたと思うと、農家さんへの感謝の気持ちを忘れてはいけないなと思いました。
・田植えやお米の歴史を多く教えていただき、改めて食べもののありがたさを感じることができました。

 今回のボランティア活動をきっかけに富山の農業や食べものについて関心を持ってくれることを願います。

グリーンツーリズムとやま Webサイトでの紹介:「農業サポーター報告」

ページのトップへ ページのトップへ