富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

11

2008


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
  PHOTO
入試説明会を開催しました!

入試説明会を開催しました!

「看取り介護」の授業で、外部講師による特別講義を実施しました

「看取り介護」の授業で、外部講師による特別講義を実施しました

日商PC検定2級に1年生の6割超が合格!

日商PC検定2級に1年生の6割超が合格!

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

08/11/29 (土)

専攻科・第2回特別講演会を開催しました [専攻科食物栄養専攻]

 専攻科食物栄養専攻では、2008(平成20)年11月23日(日)、本年度第2回目の特別講演会(富山県高等教育財団後援)を、サンシップとやま1階福祉ホールで開催しました。
 長崎県立大学大学院教授・副学長の奥恒行(つねゆき)先生が、「サプリメントの考え方と上手な利用方法」というテーマで講演され、専攻科食物栄養専攻・食物栄養学科学生と一般の方など約200人が参加しました。

 サプリメントは、保健機能食品制度の発足以来我国に定着していますが、講演では、サプリメントの歴史・制度・意義や、使用上の注意、例えば血糖値抑制の特定保健用食品はそれだけ摂取しても意味はなく、炭水化物と一緒に摂取してはじめて効果が期待できることや、組み合わせ摂取による弊害や副作用を避ける必要性などについても話されました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)
画像(180x135)・拡大画像(640x480)

奥恒行先生

画像(180x150)・拡大画像(640x534)

 学生の感想は、以下のものでした。

  • 講演ではサプリメント使用の際の注意すべき点について、無駄なこと、避けること、表示の見方での留意点など、例を示して明快に説明されました。聴いていて、栄養士として、サプリメントをどのように使っていけばよいかが、自分の中ではっきりわかってきました。講演はとても有意義だったと思います。

ページのトップへ ページのトップへ