富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

8

2009


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
  PHOTO
【速報】公務員保育士採用試験に計18名合格! (11/30最終)

【速報】公務員保育士採用試験に計18名合格! (11/30最終)

トミタンスイーツラボ★活動レポートNo.1

トミタンスイーツラボ★活動レポートNo.1

富山県障害者スポーツ大会に1年生全員が参加しました

富山県障害者スポーツ大会に1年生全員が参加しました

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

09/08/04 (火)

2年生 介護実習Vに向けて特別講義を受けました [福祉学科]

 2009(平成21)年8月4日(火)、介護実習III(実習期間 8/31〜9/19)のオリエンテーションを行い、福祉学科2年生は事前学習として「介護老人保健施設シルバーケア羽根苑」の介護主任 原 伸広氏より特別講義を受けました。
 原氏から介護実習IIIでの要点として、
1) 実習施設の職員は、実習生の挨拶、身だしなみ、やる気を見ている。
2) 介護実習は、業務を覚えるのではなく、どんなことを行うと喜ばれるかを知ろう。そのためには、意識して利用者と関わりをもとう。
3) 利用者を知ろう。利用者ができないことに偏見を持たないで、意欲を引き出し、ADL(日常生活動作)の向上を支えていこう。
4) 分からなくて当然。実習指導者は、ヒントを与えてくれる。
などを挙げ、具体的な事例を織り交ぜながら分かりやすく講義していただきました。
 また最後に、実習で学んだことは、これからの自分の財産になると伝えられ、学生達は介護実習IIIに向けての気持ちを新たにしていました。

画像(180x134)

講義をする原 伸広 氏

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

学生の感想

  • 介護実習IIIでは、初めて体験する夜勤の実習が不安であるが、分からないことや疑問に思ったことは、積極的に質問し理解することで、不安を取り除くことにつながると思った。
  • 利用者の気持ちを100%理解できないが、利用者の気持ちにどれだけ近づけるかが重要だと思う。利用者のニーズを見つけるとき、できないことに目がいきがちとなり、介護者側の思いだけで手助けをしていないか気をつけたいと思った。
  • 今まで学んできた介護実習での体験を活かし、ステップアップできるように努力していきたい。一日一日を大切にした介護実習を行い、自分に自信が持てるようになりたい。

ページのトップへ ページのトップへ