富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

9

2009


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
  PHOTO
2017オープンキャンパス パート2(7/15)の詳細が決定しました!

2017オープンキャンパス パート2(7/15)の詳細が決定しました!

保護者向け就職活動後援会を開催しました

保護者向け就職活動後援会を開催しました

2014オープンキャンパス パートV(8/24)の詳細が決定しました!

2014オープンキャンパス パートV(8/24)の詳細が決定しました!

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

09/09/27 (日)

第13回介護福祉リカレントセミナー開催 [福祉学科]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

西井学科長の講義

 2009(平成21)年9月27日(日)福祉棟D-206教室にて、「第13回介護福祉リカレントセミナー」を開催しました。

  • リカレントセミナーとは、福祉専門職の卒後教育の一環として、介護業務に従事する本学卒業生を対象とするセミナーです。今日の福祉・介護の課題と専門職のあり方について理解を深め、介護等の援助技術の交流研修をとおして、資質の向上を図ることを目的としています。

 今回は「介護と医療行為」をテーマとしました。

 まず、西井福祉学科長が「福祉・介護の動向と課題」と題して、講義を行いました。


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

坪内奈津子先生の講義

 次に、特別講義では、特別養護老人ホーム梨雲苑ホーム長坪内奈津子先生が「介護と医療行為」について『特別養護老人ホーム入所者への医療対応と職種連携のあり方に関する調査研修事業報告書』を基に講義をされました。

 介護職員による「医療行為に関する意識把握のためのアンケート」調査結果から、自分達の施設はどうなのか、自分はどう考えるかをしっかり意識していくことの大切さと、新しい情報を手に入れ、いかに適切に行っていくかの状況管理の重要さなどを話されました。


画像(180x135)・拡大画像(640x480)

松居先生の講義

 さらに、松居先生の「医療行為の根拠から考える〜介護職・看護職の役割〜」と題して、喀痰吸引、経管栄養の管理、胃ろうの管理、便処置(摘便・浣腸)、酸素療法の正しい実施方法について講義がありました。

画像(180x135)

グループワーク

 二人の先生の講義後、グループワークを行い、自分自身の介護福祉士としての医療行為対する考え、また実施しているかを話し合いました。

《参加者の感想》
  • 医療行為の基準があいまいに感じていましたが、今回の講義で具体的な内容が確認できました。
  • 介護職の医療行為については、新聞やテレビで見聞きしていたため、今回のセミナーに参加したことで、いろいろな意見を聞くことができ、自分の考えをまとめる良い機会になりました。
  • 介護と看護それぞれの意識の違いを知ることができました。これからは、介護の技術向上のための指導の場がますます必要だと思いました。

ページのトップへ ページのトップへ