富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

10

2009


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
  PHOTO
オープンキャンパス パート1の催し内容を紹介します!

オープンキャンパス パート1の催し内容を紹介します!

高朋高校の生徒の皆さんが本学訪問されました

高朋高校の生徒の皆さんが本学訪問されました

2013トミタン ボランティア日記(12/15)

2013トミタン ボランティア日記(12/15)

  ブログ内検索

  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

09/10/09 (金)

専攻科1年生が体験研修旅行に行きました [専攻科食物栄養専攻]

 2009(平成21)年9月24日(木)から25日(金)まで1泊2日で、専攻科食物栄養専攻の1年生が、体験研修旅行に行ってきました。

 1日目、富山から空路で東京へ行き、スポーツ科学のトップレベルの施設である「国立スポーツ科学センター」を見学しました。地下1階地上7階の建物内にあるトップアスリートが利用するさまざまなスポーツ練習施設や低酸素合宿室などの見学をしました。そして、昼食は7階の栄養指導食堂でいただきました。
 午後は「国立健康・栄養研究所」を訪れ、ヒューマンカロリーメーター(測定室の中で活動するだけで空気組成変化から代謝量がわかる装置)などの、さまざまな施設・設備を見学しました。
そして、国民健康・栄養調査プロジェクトリーダーの由田克士先生から栄養士・管理栄養士のあるべき姿について、また、栄養疫学プログラムリーダーの森田明美先生からは食事摂取基準2010年版についての講義を受けました。由田先生は、常に新しいことを学ぶ意欲を持つことが大切と話されました。

 2日目の午前中は、「お茶の水女子大学」を訪問し、大学院人間文化創成科学研究科の池本真二准教授から、栄養士をとりまく最近の傾向について、栄養士の役割について、キュアからケアへといった栄養学の趨勢の変化などの講義を受けました。
午後は自由行動をし、空路で富山に帰りました。

画像(320x180)・拡大画像(400x225)

国立スポーツ科学センター 記念撮影

画像(180x135)

国立健康・栄養研究所 受講風景

画像(180x135)

お茶の水女子大学 池本先生とともに


 学生の感想は、以下のようなものです。

  • 栄養学の最先端の現場を見学でき、嬉しく思いました。この分野の第一線で働いている人から直接お話が聞け、自分の目指す栄養士像が以前より明確になりました。
  • 国立スポーツ科学センターの、トップアスリートが記録更新のための練習施設や研究設備が整っていることに驚きました。まさに「恐るべし」という感じです。
  • 教科書で見た装置や設備を実際に見学できてよかったです。また、帰りの飛行機から見た東京の夜景がとてもきれいでした。

ページのトップへ ページのトップへ