富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

11

2017


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
  PHOTO
キャリア・デザイン講座でモチベーションの要因について考えました

キャリア・デザイン講座でモチベーションの要因について考えました

富山いずみ高等学校の皆さんが本学を訪問されました

富山いずみ高等学校の皆さんが本学を訪問されました

今月の新着図書だより(2017年6月受入分)

今月の新着図書だより(2017年6月受入分)

  ブログ内検索

上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0
  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

17/11/14 (火)

食品ロス削減 優秀アイディア賞に3名が選ばれました [食物栄養学科]

 富山県では、食品ロスや食品廃棄物を減らす取り組みを強めています。食品ロスとは、まだ食べられるのに捨てられている食品のことを言います。日本では年間約630万トンに上り、世界の食料援助量の約2倍に相当すると言われています。
 
 食品ロスの削減は、ごみを減らし、無駄なく食べることで食料輸入も減らすことができます。また、食べ物を大切にする気持ちを養い、家計の助けにもなるなど、資源の有効利用を図る重要で身近な問題となっています。

 富山県は2008(平成20)年から「レジ袋無料配布廃止」の取り組みを全国に先駆けてスタートしました。取り組みから9年が経過した現在でも、マイバックの持参率が95%と高い水準を維持しており、県民挙げての環境施策評価されています。

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

優秀アイディア賞の学生3名

 
 食品ロス削減に向けて、富山県では家族ぐるみで取り組めるアイディアを幅広く募集したところ、829名から多くのアイディアが寄せられました。
 審査の結果、10のアイディアが優秀なアイディアとして表彰されました。アイディア賞を受賞した9名のなかには、食物栄養学科1年の阿部純子さん、工藤美月さん、松井美結さんの3名も選ばれています。

【優秀アイディア賞】

阿部純子 まとめ買いしたものをグループでシェアしたり、家族で友達と一緒に食事して食べきる。

工藤美月 外食の時、小盛にできるか聞いてみる。

松井美結 冷蔵庫内に消費期限の切れそうな物を入れるトレイを用意し、手前に出して整理する。

 食べ物に対して「もったいない」という意識をもって、一人一人が家庭でこれらのアイディアを参考に実践していきたいものです。

Posted   パーマリンク

17/11/06 (月)

トミタンスイーツラボ★活動レポートNo.3 [食物栄養学科]

 トミタンスイーツラボでは、「栄養士の卵たちのチカラ」、「地産地消」をコンセプトに学生のアイディアを生かした富山ならではスイーツの開発を行っています。今回は、富山県内の児童福祉施設から依頼のあった「さつまいもを使用したスイーツ」のメニュー開発を行い、「さつまいものモンブラン」のレシピを提供しました。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

さつまいものモンブラン

 
 生地にはさつまいもの甘煮を入れてさつまいものホクホク感を加え、クリームには裏ごしをしたさつまいもを加えて、自然な甘さのさつまいもクリームに仕上げました。誰でも簡単に、失敗なく作ることができるよう、生地にはホットケーキミックスを使ったり、生地に加えるさつまいもの甘煮を作る際に煮崩れないよう電子レンジを用いる等の工夫をしています。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

トッピングしたらよりオシャレに★

 また、盛り付けのトッピングをみんなで楽しみながらできるのもポイントです。
今回提供した「さつまいものモンブラン」は施設の生徒さん方が、実際に行事で作る予定です。
機会があれば、多くの人に召し上がっていただきたいと思っています。


Posted   パーマリンク

17/10/27 (金)

トミタンスイーツラボ★活動レポートNo.2 [食物栄養学科]

★「第54回大学祭を開催しました!」の記事はこちら

 2017(平成29)年10月20日(金)〜22日(日)の日程で、第54回大学祭を開催しました。トミタンスイーツラボでは、「栄養士の卵たちのチカラ」、「地産地消」をコンセプトに学生のアイディアを生かした富山ならではスイーツの開発を行っており、21日(土)・22日(日)の両日にカフェを開設しました。

画像(320x269)・拡大画像(537x453)

たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました!

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

スイーツメニューはこちら★

 
 スイーツメニューは、富山県産の食材を使用した小松菜シフォンケーキ、トマトロールケーキ、昆布マフィン、白エビパイの4種類です。どれも、大学祭に向けて学生たちが試作を重ねてきました。
 また、スイーツと共に桝カフィのコーヒーも販売し、「コーヒーとスイーツが合う」「トマト嫌いでも食べられる」などのご意見をいただき、大学祭にお越しの皆さんに大変喜んでいただきました。

画像(180x134)・拡大画像(640x479)

開設50周年記念クッキーも作成

 また、今年度は食物栄養学科開設50周年となります。これを記念した手作りクッキーを作成し、進学相談会に来場された高校生や保護者の方に召し上がっていただきました。

 現在、福祉施設へさつま芋を使ったスイーツ(モンブラン)レシピの提供を行うためメンバー全員で準備中です。


Posted   パーマリンク

17/10/23 (月)

小林さんが食肉惣菜創作県大会で最優秀賞に [食物栄養学科]

画像(137x180)

最優秀賞を受賞した小林さん

 
 富山県産の牛肉や豚肉を使用したアイデア肉料理の出来栄えを競う「食肉惣菜創作発表会」の富山県大会が2017(平成29)年10月16日(月)、高岡市ふれあい福祉センターで開催されました。
  
 「食肉惣菜創作発表会」は全国食肉事業組合連合会と富山県食肉事業組合連合会が主催しており、国産食肉の利用技術の向上や普及を目的としています。
 この大会で、本学食物栄養学科1年の小林正幸(まさこ)さんの「豚肉の昆布〆ロール焼き」が最優秀賞に選ばれました。

画像(180x152)・拡大画像(300x254)

豚肉の昆布〆ロール焼き

 今回の富山県大会では、90件の書類選考を通過した11名が考案したレシピを調理しました。小林さんが考案した「豚肉の昆布〆ロール焼き」は、県の郷土料理である昆布締めをヒントに梅肉でアクセントをつけたとても美味しい料理に仕上がりました。

 小林さんは12月2日(土)に東京で開催される全国大会に出場します。全国大会に向けて、これからも応援してください。

Posted   パーマリンク

17/10/20 (金)

日本料理講習会を開催しました [食物栄養学科]

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

利光先生のお話

 2017(平成29)年10月4日(水)と6日(金)に、食物栄養学科1年生の調理学実習Vの講義で、「日本料理講習会」を行いました。その内容をご紹介します。

 講師として「とやまの名匠 日本料理 利光 登先生」をお招きし、秋の彩り満載の日本料理4品を教えていただきました。

画像(180x135)・拡大画像(320x241)

調理の様子

 
 料理を作られる利光先生の包丁捌きや調理技術は学生たちの学びにつながったようです。松茸や秋刀魚、能登産のもずくなど秋の食材を活用した季節を感じる献立でした。食材の下処理方法や調理、盛り付けなどちょっとした工夫で普段の料理とは見た目も味も一味違う料理が完成し、全員でおいしくいただきました。

画像(180x180)・拡大画像(640x640)

本日の献立★

 
 
【本日の献立】 
・小鉢 (写真左上)  焼茸柚子浸し
・焼物 (写真右上)  秋茄子の蒲焼
・旬の肴(写真右下)  秋刀魚と半月玉葱 彩り野菜
・凌ぎ (写真左下)  松茸もずく粥

 後期の調理学実習は始まったばかりです。今後開催する中国料理講習会や魚の裁き方講習会の様子も紹介していきますので、楽しみにしていてください。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ