富山短期大学/富山短大/富短
ホーム受験生の皆さんへ企業・事業所の皆様へ地域の皆様へ卒業生の皆様へ在学生の皆様へ公開講座

4

2018


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
  PHOTO
第40回卒業演奏会を行いました

第40回卒業演奏会を行いました

2014トミタン ボランティア日記(7/6)

2014トミタン ボランティア日記(7/6)

入学前セミナーを実施しました

入学前セミナーを実施しました

  ブログ内検索

上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0
  QRコード
QRコード※携帯電話からでも
 アクセス可能です


RSS1.0
powered by a-blog

18/03/09 (金)

包丁研ぎ講習会を行いました [食物栄養学科]

 2018(平成30)年3月1日(木)、本学食物栄養学科1年生を対象に開催している「包丁研ぎ講習会」を実施しました。
 本学に包丁を納入していただいている株式会社竹内刃物製作所様の社員の方を講師としてお招きし、包丁の研ぎ方について詳しく教えていただきました。

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

 栄養士にとって、重要な道具のひとつである包丁をいつもピカピカに磨き、切れ味を鋭くしておくことは、仕事をするうえで非常に重要なことです。

 講習ではまず、講師である竹内先生のデモストレーションを見せていただきました。その後、学生が実際に包丁を研いでみました。最初は、みんな四苦八苦している様子でしたが、徐々に上手になっていきました。

 講習後には、「包丁の切れ味によって料理の味が変わってくることを覚えておいてください」と、アドバイスをいただきました。包丁の研ぎ方については、じっくり教えていただく機会がなかなかないため、非常に貴重な機会となりました。

Posted   パーマリンク

18/03/08 (木)

食物栄養学科卒業研究発表会を開催しました [食物栄養学科]

画像(180x117)・拡大画像(314x205)

 2018(平成30)年2月28日(水)に平成29年度食物栄養学科卒業研究発表会を開催しました。 2年後期に履修をする卒業研究は、実験系、調査系の各テーマについて7名までのグループで研究を行う科目です。今年度も2年生が、グループに分かれて取り組んだ9テーマについて、発表を行いました。
 1年生も聴講しており、来年度取り組むことになる卒業研究に向けて、先輩たちの発表を熱心に聞き、質問をしていました。
 なお今回発表された研究テーマは以下の通りです(発表順)

1.糖代謝能に対するトランス脂肪酸摂取の影響
2.「乳和食」料理に牛乳を使用することの検討
3.O2郎と活動量計による代謝エネルギー量の測定
4.主食における食形態の違いおよびとろみ調整食品の添加が食後血糖上昇におよぼす影響
5.食形態およびとろみ調整食品の添加が食後血糖上昇におよぼす影響
6.富山県内の校外実習先における食品ロスの実態
7.短大生におけるのコンビニ利用 ―食品を中心にして―
8.短大生における食生活に関する研究
9.バイオアートにおける寒天培地の表現ツールとしての有用性

 2年生のみなさん、お疲れさまでした。みなさんが卒業研究で学んだことを、就職後あるいは進学後に生かし、活躍することを願っています。

Posted   パーマリンク

18/02/27 (火)

食物栄養学科で入学前セミナーを開催しました [食物栄養学科]

 2018(平成29)年2月16日(金)に食物栄養学科入学前セミナーを行いました。食物栄養学科では、推薦入試と自己推薦入試の合格者を対象に、入学後から始まる講義をスムーズに受けることができるように、毎年入学前セミナーを実施しています。

画像(180x134)・拡大画像(318x238)

生物の講義の様子

 セミナーでは、まず竹内学科長の挨拶の後、生物と化学の講義を各25分ずつ行いました。食物栄養学科では、人の栄養や健康について学びを深めていくうえで、生物や化学で学ぶ基本的知識が必要になります。本学では、入学してからも理系科目が苦手な人や専門学科の人のために、詳しくわかりやすい講義をめざしています。先生の優しい口調からも、入学してから始まる講義の雰囲気を感じ取っていただけたのではないでしょうか。

 次に、包丁技術に関する講義を30分行いました。入学すると、包丁にふれる回数が今よりも格段に増えます。入学までの約1ヶ月を利用して、包丁技術を磨いておくと、スムーズに調理実習を行うことができると思います。
 最後に、栄養に関する計算問題についての講義を行いました。事前に提出していただいた入学前課題の解説を説明しました。

画像(180x134)・拡大画像(214x160)
画像(180x133)・拡大画像(210x156)

 参加した皆さんは、本学の雰囲気に慣れてもらうとともに、入学後の講義や学科での勉強に必要な知識について、少しイメージできたのではないでしょうか。

 入学予定者のみなさん、4月にお会いする日を楽しみにしています。また、残りの高校生活を有意義に過ごしてください。

Posted   パーマリンク

18/02/26 (月)

本学教員が監修したメニューが北陸三県で限定販売中です! [食物栄養学科]

 2018(平成30)年2月24日(土)より食物栄養学科 深井 康子教授が監修した「いきいきさばフィーユ寿司」が北陸3県の「アルビス株式会社」で発売中です。

画像(320x237)・拡大画像(640x474)
画像(127x180)・拡大画像(453x640)

お買い求めはお早めに!

 この「いきいきさばフィーユ寿司」は、「さば」と「くるみ」を使用しています。味も栄養も抜群で、生活習慣病の予防にも繋がります。
 また、見た目もとても色鮮やかで、これから迎える桃の節句にもぴったりです。

 販売期間:2018(平成30)年2月24日(土)〜
 場  所:北陸3県のアルビス 55店舗
 値  段:298円(税別)

 北陸三県限定発売となっておりますので、この機会にぜひ召し上がってみてはいかがでしょうか。

Posted   パーマリンク

18/02/21 (水)

食物栄養学科の学生が考案したゼリーが高岡市の給食で提供されました [食物栄養学科]

 2016(平成28)年11月18日(金)から高岡市と本学は包括連携に関する協定を締結しており、学術・地域振興・文化・教育等の分野において、相互に協力を推進し地域社会の発展に寄与することをめざしています。

 この連携事業の一環として、食物栄養学科の学生が高岡市の地場産食材を用いたレシピを考案しました。
 今回考案したレシピは、高岡産にんじんと国吉りんごを使用した「リンゴとニンジンのトミタンゼリー」です。 
 2018(平成30)年2月16日(金)には、高岡市内の小・中学校(小学校26校、中学校12校、支援学校1校)の給食で提供されました。

画像(320x213)

高岡市内の小中学校に提供されました!

画像(180x119)・拡大画像(320x213)

教材を準備してわかりやすく説明

 高岡市立博労小学校で開催された試食会では、レシピを考案した学生とゼリーの蓋に貼付されたシールのイラストを考案した学生計6名が参加し、ランチルームで児童と一緒に給食を味わいました。
 また学生たちは、山岸紗央里栄養教諭(本学食物栄養学科卒業生)が食育についての話をした後、このゼリーを考案した経緯などをプレゼンテーションしました。

画像(320x213)・拡大画像(640x426)

りんごとにんじん!栄養たっぷり♪学生考案★トミタンゼリー

 在学時に、自分達が考えたレシピが実際の給食の中で提供され、それを食べている場面に立ち会うことができ、学生たちにとって非常に貴重な経験をすることができました。

 なお、この記事が 2018(平成30)年2月17日(土)の北日本新聞・富山新聞・北陸中日新聞にも掲載されています。

Posted   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ